[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナと同様に、台湾がCCPの侵略に単独で直面することを懸念しており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。 台湾英語ニュース| 2022-03-22 18:13:00


(台湾英語ニュース/政治グループ総合報告書)コンソーシアムである台湾世論財団は、本日(3/22)に国立台湾大学同窓会ホールで記者会見を行いました。「ロシア・ウクライナ戦争、海峡横断危機、そして台湾民主主義」、これは財団の設立以来、主要な問題に関する67回目の月次調査です。 財団のYouYinglong教授が講演を主催/行い、Ding Tingyu、Lin Zhuoshui、SuHuanzhiを含む3人の著名な学者と専門家を招待して講演しました。


研究の主な結果は次のとおりです。


1.についてウクライナを攻撃するためにロシア軍を派遣することの正当性の問題、最新の世論によると、20歳以上の台湾人の73%が、今回ウクライナを攻撃するためにロシアが軍隊を派遣することは正当化されないと信じており、約10%だけがそう信じています。


さらに、39%の人々がロシアによる軍隊の派遣が完全に不当であると強く疑っていることに注意する必要があります。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


2.についてウクライナ人がウクライナが一人で戦っているのをどのように見ているか、最新の世論によると、20歳以上の台湾人の87%がウクライナの単独戦の経験に賛成しており、6.1%は賛成していない。 特に、56%はウクライナが放置されていることに強く共感しています。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。3.についてツァイ政府はロシアに対する経済制裁を発表、最新の世論は、20歳以上の台湾人の間で、64%がロシアに対する経済制裁へのツァイ政府の関与を承認し、24%がそれを拒否していることを示しています。 結果は、台湾人の大多数が、ツァイ政府がこの主要な国際問題に関する台湾の立場と提案を勇気を持って表明しているのを見て喜んでいることを明らかにしています。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。4.台湾人が、中国共産党の台湾への軍事侵攻に直面する日を心配しているかどうかについては、最新の世論によれば、20歳以上の台湾人の60%が、ウクライナのような台湾が1日直面することを心配している。 CCP(中国)だけで軍事的に。台湾人の約38%は暴力を心配していません。 実際の成人人口が500万人を超えると、28%近くの人が非常に心配していることに注意する必要があります。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


5.台湾人について中国人民解放軍が自分の軍隊で台湾を占領するのを阻止できると思いますか?最新の世論によれば、20歳以上の台湾人の78%は、台湾自身の力に頼ってCCPが台湾を占領するのを防ぐことは不可能であると信じており、16%はそれが可能であると信じています。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


6.台湾人が台湾を守るために米軍が戦争に参加すると信じているかどうかに関して、CCPが台湾に強制的に侵入した場合、最新の世論は、20年以上の台湾人のほぼ35%が基本的に米軍を信じていることを示しています台湾を守るために戦争に参加します。56%以上がそれを信じていません。 それを信じない人はそれを信じる人より21.4パーセントポイント多い。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


7.台湾人が日本軍が台湾を守るために戦争に参加すると信じているかどうかに関して、CCPが台湾に力ずくで侵入した場合、最新の世論は20歳以上の台湾人の43%が基本的に自衛隊を信じていることを示しています-防衛軍は台湾を守るために戦争に参加し、40%の9人は信じていません。不信者は信者を5.5パーセントポイント上回っています。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


8.現在について4か月の軍事訓練サービスは妥当ですか?最新の世論によると、20歳以上の台湾人の77%は、現在の新兵が4か月の軍事訓練サービスを行うのは不合理であると考えており、15%はそれが合理的であると考えています。 36%がこれは非常に不合理であると考えていることに注意する必要があります。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。


9.について現在のサービス期間を4か月延長質問、最新の世論は、20歳以上の台湾人の76%が、台湾の徴兵が少なくとも1年間奉仕することは合理的であることに同意し、18%は同意しないことを示しています。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナのように台湾だけがCCPの侵略に直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。10.約蔡英文大統領最新の世論によれば、20歳以上の台湾人の52%が蔡英文大統領の国家問題への対応に基本的に賛成し、33%が反対している。同意する人は、同意しない人よりも同意する可能性が19パーセントポイント高くなります。


11.についてソビエトキャビネット最新の世論によれば、20歳以上の台湾人の間では、47%が蘇貞昌の内閣の全体的なパフォーマンスに基本的に満足しており、43%が不満を持っています。満足は不満より4.4パーセントポイント高いです。


12.台湾人についてパーティーサポート最新の世論によると、20歳以上の台湾人の36%が国民党を支持し、14%が国民党を支持し、13.5%が人民党を支持し、2.8%が当時の政府を支持し、2、5%が台湾の原理主義を支持し、 29%は中立です。


調査訪問期間は2022年3月14日から15日です。全国で20歳以上の成人。サンプリング方法は、国内の住宅用電話ユーザーをサンプリング構造として使用し、ランダムサンプリング方法は系統抽出と2桁の仮数を加えたものです。 有効なサンプルは1,077です。 サンプリング誤差は、95%の信頼水準を約プラスマイナス2.99パーセントポイント下回っています。 地域、性別、年齢、教育レベルは、内務省からの最新の人口統計データに従って加重され、母親の構造と一致します。


[Sondage de mars]国民の60%は、ウクライナと同様に台湾がCCPの侵略に単独で直面することを恐れており、日本は米国よりも台湾に軍隊を派遣する可能性が高いと考えています。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。