FDI資本を誘致するためにベトナムで最も輝かしい「スター」を明らかにする

クアンニンは依然として外国直接投資の誘致において国をリードしており、ホーチミン市、ハイフォン、バクザン、ハノイがそれに続く。 ベトナムは11カ月で約290億ドルの海外直接投資を集め、前年同期比14.8%増となった。

外国投資庁(計画投資省)のデータによると、ベトナムは11カ月で約290億ドルの海外直接投資(FDI)を集め、前年同期比14.8%増となった。 投入された投資資金は200億ドル以上に達し、2018年から2023年の期間で最高となった。

クアンニンは、31億ドルのFDI資本を誘致した最初の国である。

外国投資家は21の国家経済部門のうち18部門に投資し、全国56の省と都市に資本を注入しており、そのうちクアンニン省は依然としてFDIを誘致する最初の国であり、総投資資本は31億1,000万ドル近くを記録し、世界の10.8%近くを占めている。登録投資資本総額は、2022 年の同時期と比較して 42.3% 増加しました。

ホーチミン市は登録総投資資本が30​​億8000万ドルを超えて第2位となり、同国の総投資資本の10.7%を占め、同時期から12.9%減少した。 これにハイフォン、バクザン、ハノイが続き、記録されている総投資資本はそれぞれ 28 億ドル、27 億ドル、26 億ドルです。

「同期間に新規投資プロジェクトの数は58.1%増加し、良好なインフラ、安定した人材、投資の質を向上させる取り組みなど、FDI誘致に多くの利点がある州や都市に重点を置いた。 「投資促進…ホーチミン市、ハノイ、バクニン、ビンズオンなど。これら 4 つの地域だけで、11 か月間の国内の新規プロジェクトの 67.4% を占めます。」と外国投資省はコメントしています。

投資パートナーに関しては、11か月で110の国と地域がベトナムに投資しました。 その中で、シンガポールが総投資資本約51億5,000万ドルでトップとなり、ベトナムの総投資資本の17.8%以上を占め、2022年の同時期と比べて10.9%減少しました。香港(中国)は4.33ドル以上で2位となっています。これは総投資資本の15%を占め、同時期の2.2倍以上となっています。

韓国は登録投資資本総額が 41 億 7,000 万ドルを超え、第 3 位にランクされ、総投資資本のほぼ 14.5% を占め、同期間に比べて 1.2% 微増となっています。 4位は中国で39億6000万ドル、5位は日本で31億ドルだった。

両国の共同努力のおかげで、改革期間以来、日本からベトナムへのFDI総額は常に主要国のグループ内に留まっている。 具体的には、2022年末時点で蓄積された有効投資資本総額は約692億ドルで、韓国、シンガポールに次ぐ第3位となっている。

最近、「Inno Vietnam – Japan Fast Track Pitch 2023」プログラムの一環として、グエン・チ・ズン計画投資大臣と西村康稔経済産業大臣は二国間交渉を開催すると発表した。

グエン・チ・ズン大臣は、「計画投資省は常に日本側に同行し、最大限の支援を提供することに尽力しており、日本が半導体チップ、再生可能エネルギーなどの対象産業に焦点を当ててベトナムとの投資協力を模索し続けることを提案する」と強調した。 、ハイテク農業、スマートファクトリー、デジタルトランスフォーメーション、国際金融センターへの投資”,

日本の西村康稔経済産業大臣は、2023年はベトナム社会主義共和国と日本の外交関係樹立50周年にあたると述べた。 過去50年にわたり、日本企業はベトナムでの事業展開を拡大してきました。 日本商工会の会員企業は2,000社にまで成長し、電機製造、エレクトロニクス、自動車、小売販売に至るまで、情報技術、信頼、エネルギーを通じた幅広い事業を展開しています。

西村康稔氏によると、これらの成果を受けて、日本はベトナムにおける多くのイノベーションプロジェクト、特にデジタルトランスフォーメーションとグリーン開発の分野を支援することにコミットするという。 「我々は発展途上国のために約25兆ベトナムドンの予算も用意しています。 ASEANとベトナムを含む日本は持続可能な社会経済発展に向けて協力する」と西村康稔氏は述べた。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です