APG海底光ファイバーケーブルに再び問題があります

APG海底ケーブルルートには再び問題があります。iPhone12とiPhone13の画面が古いモデルよりも傷が付いている理由…2022年4月18日、ニューテックで最もホットなニュースです。

APG海底光ファイバーケーブルに再び問題があります

オンラインナレッジは、ベトナムのインターネットサービスプロバイダー(ISP)の代表者からの情報を引用して、アジアパシフィックゲートウェイ(APG)国際海底光ファイバーケーブルがS1セグメントでファイバー切断を起こしたと述べました。.7、南東から約910 kmアジア。 ケーブル管理ユニットは、修理およびトラブルシューティング計画についてネットワークオペレータにまだ通知していません。

APGケーブルのルートには、アジアの一部を結ぶ多くのポイントがあります。 写真:CDV

APGケーブルのルートは約10,400kmで、2016年12月中旬に正式に運用が開始され、アジアの一部を結ぶ多くのポイントがあります。 APGは、中国、香港、台湾、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムにホットスポットがあることで知られています。

2021年にAPGケーブルのルートに4回問題が発生し、最後は2021年12月に発生しました。具体的には、12月5日と12月13日の4回目のインシデントで、APGケーブルは日本と香港。

2022年1月14日、日本への接続ブランチの問題が修正されました。 2022年2月27日、問題により3か月近くサービスが中断された後、香港へのAPG海底ケーブルルートが修理され、修理され、通常の運用に戻りました。

iPhone12とiPhone13の画面が古いモデルよりも傷が多い理由

最近Lifehackのページで、著者のJake Petersonが分析し、iPhone12やiPhone13などの次世代のiPhone画面が古いモデルよりも傷が付きやすい理由を説明しました。 ジェイク・ピーターソン氏によると、ユーザーが携帯電話をポケットに入れると、iPhoneはその中の汚れや破片などに接触します。 それらは電話を壊すのに十分ではありませんが、画面に引っかき傷を引き起こす可能性があります。

iPhone 12以降、Appleは製品にセラミックシールドガラステクノロジーを搭載し、耐久性を劇的に向上させています。 「アップル」は、セラミックシールドは「どのスマートフォンガラスよりも硬い」と主張しています。

しかし、ジェイク・ピーターソンはそれが単なるマーケティング戦略だと考えています。 セラミックシールドは、耐久性を高めるためにガラスにセラミックナノクリスタルを追加します。 セラミックシールドは非常に硬いですが、耐擦傷性を考慮する必要があります。

iPhone 12の飛散防止と引っかき傷に対する耐性についてのレビューで、YouTuberのMarques Brownleeは、飛散防止ガラスは柔らかく、引っかき傷の影響を受けやすいと述べています。 一方、硬いガラスは傷が付きにくいですが、張力によって衝撃を受けても壊れやすくなります。

セラミックシールドは柔らかいガラスなので、傷が付きやすくなっています。 Brownleeのコメントが正しければ、AppleはiPhoneガラスの飛散抵抗と引っかき抵抗の間で妥協する必要があります。 確かに、iPhone 12シリーズ以来、Appleは粉砕に対する耐性を高めることを選択したようです。

OnePlusAceが実際の写真とビデオを公開

OnePlus Aceは、4月21日に正式にリリースされることが確認されました。 さらに、デバイスの実際の画像やビデオも共有されているため、ユーザーは製品をはっきりと見ることができます。

今日はみんなのニュースを聞きます。
OnePlusAceの手元にある実際の写真。 写真:GSMArena

実際にリークされた画像のOnePlusAceは、以前のティーザー画像と非常によく似ています。 デザインはOnePlus10Rと非常に似ていますが、この電話モデルにはまだいくつかの違いがあります。

具体的には、ボディの側面がフラットなデザインで、エッジが丸みを帯びているため、独特の外観になっています。 このデバイスは、Dimensity8100プロセッサを搭載した2つのカラーオプションで起動する予定です。

さらに、OnePlusAceにはUSBType-Cポートもあり、OnePlusシリーズの典型的なミュートスイッチが付属しています。 このデバイスは、フルHD +解像度の6.7インチAMOLEDディスプレイを搭載でき、120Hzのリフレッシュレートをサポートします。

写真撮影に関しては、デバイスにはOIS(光安定化)テクノロジーを備えた50 MPのメインカメラ、150Wの急速充電で4,500mAhのバッテリー容量を搭載できます。以前は、OnePlusAceはOnePlusPGKM10としてGeekBenchに登場していました。

キム・ディン (E)

ソースリンク:https://doisongphapluat.nguoiduatin.vn/dspl/tin-tuc-cong-nghe-moi-nong-nhat-hom-nay-18-4-2022-tuyen-cap-quang-bien-apg-lai -gap-su-co-a534490.html

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。