83歳の男性が一人で太平洋を渡る

堀江謙一さん(83)は、アメリカを出て、一人で太平洋を渡り、ヨットで日本に向かった。

堀江は3月26日にアメリカのサンフランシスコを離れ、太平洋を渡ってボートで日本への一人旅を試みる最年長の人物になりました。

「私は健康とこのような機会を得ることにとても興奮しています」と83歳の探検家は去る前に言いました。 「最年少で記録を樹立した後、最年長になりたい」と語った。

堀江謙一(白いシャツ)は、3月26日にサンフランシスコを出発する前に、サントリーマーメイドIIIに日本の国旗を掲げています。 写真: アサヒ

堀江の航海は、5.8メートルのサントリーマーメイドIIIヨットで、約1トンの重さで2か月半続くと予想されています。

彼は本を読んだり、暇なときにラジオを聴いたり、ボートを操縦する必要がないように計画しました。 「マーメイドIIIは、私が航海したボートの中で最高の仕上がりになっているので、とても快適で自信があります。」

堀江謙一は、1962年に初めて太平洋を渡ってアメリカに単独航海した後、「日本で最も有名な船乗り」と呼ばれました。当時、彼は熱心な船乗りでした。23歳。

この旅の間、堀江は故郷の大阪を離れ、94日間海を渡り、缶詰と米で生き残り、サンフランシスコに上陸しました。 堀江氏の旅は、太平洋諸国間の「戦後の外交政策に平和をもたらすための個人的な努力」に例えられています。

堀江謙一は、1996年3月21日、葉巻の形をした船に乗ってエクアドルのサリナス湾を離れます。写真:ロイター。

堀江謙一は、1996年3月21日、エクアドルのサリナス湾を葉巻型のボートで出発します。写真: ロイター

「彼の話は多くのアメリカ人船員に影響を与えました」とサンフランシスコ海事国立歴史公園の翻訳、教育、ボランティア活動のディレクターであるモーガン・スミスは言いました。

サンフランシスコに到着した堀江容疑者は、パスポートもお金も持っておらず、英語もほとんど話せなかったため、逮捕されました。 その後、サンフランシスコ市長のジョージ・クリストファーは、堀江の解放と彼の勇気に敬意を表して発行されたビザを命じました。

次の60年間、堀江は太陽電池式のアルミ製カヌーやペダルボートなど、さまざまな乗り物で太平洋を何度も旅し続けました。 1999年、彼は米国西海岸からビール爆弾で作られた双胴船で日本に向かい、3年後にウイスキー樽で作られたボートに戻って海を渡った。

1979年8月21日、カナダのリゾルート湾にいる堀江謙一さん(右)と妻の恵理子さん。写真:朝日新聞。

1979年8月21日、カナダのリゾルート湾にいる堀江謙一さん(右)と妻の恵理子さん。写真: 朝日新聞

現在の太平洋航海中、堀江さんは体格と1m52mのサイズに適したサントリーマーメイドIIIアルミ帆船を使用しています。

堀江さんは旅行前に激しい運動をする必要はありません。 「私はまだ元気で、まだ元気です。食べ過ぎたり、飲みすぎたりしないでください」と彼はマスコミと共有しました。

「何もありません」と堀江さんは、一人で海を渡る長い旅についての懸念について尋ねられたとき、答えました。 「たぶんそれはただの老後です。」

デューク・チュン (によると ガーディアン)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。