6月23日の世界の石油価格は1バレルあたり約2米ドル下落した。

ベルギー、ブリュッセルのルクオイル貯蔵タンク。 写真:AFP / VNA

このセッションの終わりに、ロンドン市場(英国)で、フォワードデリバリー用のブレント原油の価格は1.69米ドル(または1.5%)下落して110.05米ドル/バレルになりました。 一方、ニューヨーク(米国)市場における米国の軽質スイートオイル(WTI)の価格も、1.92米ドル(1.8%に相当)下落して104.27米ドル/バレルになりました。

ジェローム・パウエル氏は、FRBがインフレとの戦いに焦点を合わせていることは「無条件」であり、米国の労働市場は持続不可能なほど強いと述べた。 これらのコメントは、FRBが金利を引き上げ続けることへの懸念を引き起こします。

投資家は、中央銀行のインフレ対応が世界経済を高容量で低利回りの不況に陥らせる可能性があるかどうかを評価する際に、ポートフォリオをよりリスクの高い資産に合わせることを検討しています。

「米国とその他の国々が不況に陥った場合、それは石油需要に重大な影響を与える可能性があります」とヒューストンを拠点とする石油コンサルタントのアンドリュー・リポウは述べています。

さらに、みずほ銀行(日本)のエネルギー先物ディレクターであるロバート・ヨーガー氏は、ガソリン価格の高騰が燃料需要を抑制し始める可能性があると考えています。 ヨーガー氏は、ガソリン価格にはまだ上昇の余地があると述べた。 American Automobile Association(AAA)によると、米国のガソリンの小売価格は現在、1ガロンあたり平均4.94ドル(1ガロン= 3.78リットル)で、アメリカ人のピーク時から約10セント下がっています。

この問題に詳しい筋によると、米国の主要な石油精製業者と米国エネルギー長官のジェニファー・グランホルムは、石油価格を下げるための具体的な解決策を提供しない緊急会議に出席した。 ただし、両当事者は、この問題を解決するために協力することに同意しています。

American Petroleum Institute(API)の最新の見積もりによると、先週の米国での原油とガソリンの在庫の増加も石油価格に圧力をかけました。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアを含む同盟国(OPEC +)は、米国大統領ジョーとして、原油価格とインフレを下げることを期待して、2022年8月に生産を増やす計画に固執することが期待されています。バイデンはサウジアラビアを訪問する予定です。

OPEC +は、6月2日の前回の会議で、7月の生産量を世界需要の7%に相当する648,000 bpd増加させ、8月には元の飛行機から同様の量を増やすことに合意しました。 当初の計画では、2022年9月までの3か月間に432,000バレル/日を追加する予定でした。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。