2023年のベトナム人訪日者数は過去最高となる見通し

11月末までに訪日ベトナム人は53万6,000人以上に達し、2019年を上回り過去最高となった。

日本観光促進機構(JNTO)のベトナム駐在員事務所が本日発表したところによると、1月から11月までに53万6,000人以上のベトナム人観光客が日本を訪れ、過去最高だった2019年の49万5,000人を超えた。2023年は日本が飛躍する年となるだろう。最も多くのベトナム人観光客を歓迎します。 歴史上のベトナム人訪問者数。

また、JNTOによると、12月の訪日外国人旅行者数統計は2024年1月に発表される予定で、2023年の訪日外国人総数はさらに増加すると予想されます。

北海道の定山渓温泉郷。 写真: エクスペディア

山田滝夫駐ベトナム日本大使は、記録的な数のベトナム人訪問者に「喜び」を表明した。 2023年は両国国交樹立50周年という特別な年である。 「今年は、日本とベトナムの関係が政治、文化、経済のあらゆる分野でこれまでで最高レベルに達したと思われる年です」と山田大使は述べた。

ベトナム国家観光局のハ・ヴァン・シュー次長は、日本は「安全、文明的で礼儀正しい人々、そして多くのユニークな観光商品」の理由でベトナム人に最も選ばれた国の一つであると述べた。

逆に、ベトナムは日本人観光客にとって人気の旅行先の一つでもあります。 今年の最初の 11 か月間で、ベトナムは 53 万人近くの日本人訪問者を歓迎しました。 日本はベトナムに送客する市場のトップ5に入っています。

ベトグローバル・トラベル・カンパニーのディレクター、ホアン・フン・ヒエウ氏は、多くの要因が日本を訪れるベトナム人旅行者の増加を続けており、経済不況のさなか流行前の水準を超えていると述べた。 日本は、その美しい風景、おいしい料理、そして豊かな文化の歴史により、常にベトナム人観光客にとって人気の目的地です。 日本の各地にはそれぞれの雄大な風景があり、四季折々の魅力があります。

「20年間観光業界で働いてきた中で、私は多くのベトナム人観光客が日本に2~3回行くだけでなく、5~6回も日本に戻ってくるのを見てきました。彼らは毎回違う季節に地方に来ます。」とヒエウ氏は語った。共有。 感染拡大後、日本は多くの新しい観光名所やツアーを宣伝し、より多くの観光客を呼び込むことに貢献した。

ハノイの日本観光市場で10年の経験を持つアジア・ゲート・トラベルのディレクター、グエン・ヴァン・ズン氏は、観光客は正月と旧正月に6日間、5日間のスケジュールに従って日本を訪れることができると提案している。 。 – 1泊スケジュールまたは6泊7日。 美しい景色を望むルートには、大阪 – 奈良 – 京都 – 名古屋 – 富士山または名古屋 – 白川郷古代村 – 飛騨高山かやぶき屋根の村 – びわ湖スキー場 – 京都 – 大阪が含まれます。 旅行代金は、出発日と目的地によって3,690万から5,490万まで変動します。 早めのお花見ツアーの場合、ツアー料金は約3,190万ベトナムドンから3,690万ベトナムドンです。

日本に行くための費用は高いですが、それでも多くのベトナム人観光客が旅行しています。 ヒエウ氏は、上記の料金は日本のサービス、景色、料理に比べれば「高くない」と語った。 「お金を費やす価値のある目的地です」とヒエウ氏は語った。

フォン・アイン


Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です