2008年の世界金融危機以来、失業率は日本で最高水準に達しています

日本の東京の人々は朝仕事に行きます-写真:NIKKEI ASIA

新聞によると 日経アジア日本の総務省による新たな調査によると、2021年の第4四半期の長期失業率は64万人で、パンデミック前から31%増加しました。

日本の厳しい労働市場は、人々が辞めた後に新しい仕事を見つけることを困難にしています。 そのため、そこで失業率が上昇し、人々は支出を引き締め、消費を押し下げることを余儀なくされています。

によると 日経アジア日本で1年以上失業している人の数は2021年の第2四半期に72万人に増加し、2019年の同時期よりも約50%多くなりました。

総務省の関係者は、2020年の景気後退は1年後の長期失業率の上昇によるものだと述べた。

加えて、同省はまた、職を失う寸前の人々の数の増加を記録した。

雇用主に対する政府の雇用維持補助金は、失業率を2.6パーセントポイント削減するのに役立ちました。

これらの補助金は失業を制限するのに役立ちますが、仕事を続けているが休暇中で無給の一時労働者の数を増やします。

具体的には、2021年の臨時雇用者数は211万人で、2019年に比べ33万人増加している。

転職を希望する人の数は、2021年には846万人に達し、2年前から46万人増加します。

一方、実際に新規就職する人は288万人で、63万人減少している。 これは、企業が失業者を維持していることを示しており、労働市場はさらに低迷しています。

日本では、職を失った人々は新しい機会を見つけるのに苦労しています。 2021年の長期失業者のうち、2019年と比較して、個人的な理由で退職する人の数は20%増加し、会社の問題のために退職する人の数は80%増加しました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。