1941年、ソ連からのナチスドイツに対する総動員命令

写真: russianphoto.ru

19 歳に達するすべての市民は、ソビエト軍に強制的に参加させられます。 18 歳は兵役に志願できます。 戦争が始まったとき、何千人もの人々が集合場所に現れました。 多くの人々は、戦争がすぐに終わり、祖国を守るために戦う機会がなくなるのではないかと恐れています。

写真のキャプション
写真: russianphoto.ru

しかし、現実はそれほど楽観的ではありません。 戦争の最初の数か月の大きな損失により、政府は 17 歳から 50 歳までのすべての人々の動員を発表することを余儀なくされました。 さらに、コサックと並んでツァーリスト時代の将校、司祭、貴族など「信頼できない」と見なされた要素の子供たちを動員することの禁止も解除されました.

写真のキャプション
写真: russianphoto.ru

ソ連軍は、総動員令を出したにもかかわらず、シベリアや極東の人々を動員しませんでした。 この部隊は、日本との戦争の場合に備えて保存されました。

祖国戦争の最初の 8 日間で、ソ連軍は 530 万人を動員し、兵力を 2 倍に増やしました。

兵役に召集された人は、すぐに仕事を辞め、頭を剃り、身分証明書を兵役所に持って行かなければなりません。

写真のキャプション
写真: russianphoto.ru

一部の対象者は、祖国戦争中に配備を免除されました。特に、伐採、河川輸送、防衛工場で働いていた人々…

アーティスト、俳優、スポーツ選手も免除されます。 ドイツ人、ルーマニア人、フィンランド人、ギリシャ人、ハンガリー人、中国人、および日本人の祖先を持つソ連市民は、兵役に就くことができませんでした。 代わりに、彼らは建設大隊に送られました。

写真のキャプション
写真: russianphoto.ru

戦後、ソ連軍は、1,100 万人の兵士は平時には多すぎることに気づきました。 したがって、1946 年から 1948 年にかけて、ソビエト連邦は徴兵制度を組織しませんでした。 代わりに、国の産業と農業の可能性を回復するために若者が動員されています。 1948 年までに、兵士の数は 280 万人に減少しました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。