11月28日の世界ニュース

北朝鮮の偵察衛星「ホワイトハウスと国防総省の写真を撮影」

11月28日、朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長がノーフォークの海軍基地でホワイトハウス、国防総省、米空母から国防軍が撮影した写真を受け取ったと報じた。 先週打ち上げられた北朝鮮の新型偵察衛星がその画像を捉えた。

KCNAによると、平壌にある国家航空宇宙技術庁(NATA)の手段と制御システムのおかげで、衛星開発プロセスは予定より1~2日早く完了する方向で加速しているという。 金正恩氏はまた、イタリアの首都ローマ、アンダーソン空軍基地、ニューポート海軍造船所、米国バージニア州の空港の写真も受け取った。

これに先立ち、11月27日、北朝鮮のキム・ソン国連大使は国連安全保障理事会で、最近の偵察衛星打ち上げは正当な自衛行為であり、米国による非難を拒否したと述べた。 キム・ソン氏は、北朝鮮には米国が保有または開発中の兵器システムと同様の兵器システムを開発、試験、製造、保有する法的権利があると述べた。

一方、米国のリンダ・トーマス・グリーンフィールド国連大使は、衛星打ち上げは自衛目的だったとする北朝鮮の主張を否定し、米韓夫婦による軍事演習は「日常的」で「本質的に防衛的なもの」だと述べた。

北朝鮮が偵察衛星を打ち上げた直後、西側諸国の日本と韓国は北朝鮮が国連安全保障理事会決議に違反したと主張する声明を発表した。

リーダー 金正恩氏が衛星打ち上げ委員会関係者らと会談 北朝鮮。 写真:KCNA/AFP

インドネシア、大統領選挙キャンペーンを開始

11月28日、インドネシアは2024年2月14日に予定されている選挙に備え、2024年2月10日までの75日間の大統領選挙運動を正式に開始した。

11月27日の平和的な選挙運動の開始式典で、選挙管理委員会(KPU)のハシム・アシアリ委員長は、国民と候補者が選挙に参加する重要な時期であると述べた。 「より団結し、より発展した、より偉大なインドネシアのために」。

公式に選挙活動を行っている3人の大統領候補の中には、プラボウォ・スビアント国防大臣、ガンジャル・プラノウォ元中央ジャワ州知事、アニエス・バスウェダン元ジャカルタ知事が含まれる。

インディケーター・ポリティック・インドネシアの最新の世論調査結果によると、回答者の40.6%がプラボウォ国防大臣に投票し、27.8%が政権を握っている闘争民主党(PDI-P)のガンジャル前知事に投票し、23.7%が人民解放軍に投票するとしている。元知事。 アニス。

インドネシアでは、2024年2月14日に大統領と立法機関を選出する総選挙が行われる予定である。総人口2億7,000万人以上のうち、約2億500万人の有権者がジョコ大統領の後継者ウィドド氏を選出する投票資格を有している。

2024年2月14日に予定されている選挙の投票数を発表するプラボウォ・スビアント国防大臣(左)と他の大統領候補者。写真:ロイター

ロシア、2024年に軍事支出を拡大

タス通信によると、11月27日、ウラジーミル・プーチン大統領は2024年および2025年から2026年までのロシア連邦予算を承認した。この予算では軍事支出が大幅に増加し、2024年までに予算支出の約30%が軍隊に割り当てられる予定である。 。

ロシア連邦の予算法は、公式の法律情報ポータルで公開されました。 その結果、連邦予算の歳入は2024年に35兆650億ルーブル(3,938億ドル)に達すると予想されている。 2025年には33兆5,520億ルーブル(3,768億ドル)。 そして2026年には34兆510億ルーブル(3824億ドル)となる。

ロシアはさらに多くの資源をウクライナでの特別軍事作戦に転用している。 防衛と安全保障の支出を合わせた額は、来年の予算支出総額の約40%を占めると予想されている。 2024 年の防衛費は 2023 年と比較して 70% 近く増加すると予想されています。

この支出と歳入計画はロシア国家院(下院)と連邦評議会(上院)の議員によって承認された。

ウラジーミル・プーチン大統領。 写真:ロイター

ジャーナリスト(VNA)

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です