100人近くが負傷した

石巻港周辺で測定した津波の高さは30cm、仙台港は20cm(いずれも宮城県)、福島県相馬港は20cmです。 しかし、3月17日の午前5時に、津波警報が解除されました。 当局はまた、人々は来週この地域で余震が増えるのを警戒するべきだと述べた。

最初の被害については、3月17日現地時間午前7時、福島県と宮城県を中心に、大地震により2人が死亡、91人以上が負傷した。

松野博一内閣官房長官によると、宮城県の女川原子力発電所と茨城県の東海第2原子力発電所では異常はなく、福島第2原子力発電所は綿密に監視されている。

地元の発表によると、地震はまた、約200万世帯の停電を引き起こし、一部の地域で携帯電話ネットワークを一時的に中断させました。 しかし、3月17日午前6時現在、宮城県と福島県を中心に約42,000戸の停電があり、仙台市では約2,000戸の水不足が発生している。 リーク。

交通については、地震発生時に白石駅と福島駅の間で東北新幹線が脱線し、急停車を余儀なくされましたが、乗客75名、職員3名は負傷していませんでした。

羽田国際空港、首都東京、東北の一部の高速道路は、セキュリティのレベルを確認するためにしばらくの間停止されています。 宮城県交通警察は、白石インターチェンジ近くの東北自動車道に長さ約100m、幅30〜50cmのひび割れを報告し、現在、問題解決のため道路の使用を停止している。

3月17日午前の記者会見で、岸田文雄首相は、日本政府は情報収集と救援および救援活動の展開の指示に全力を注いでいると述べた。地震の影響と戦う。

以前、現地時間の3月16日午後11時36分、福島県宮城県の一部でマグニチュード6.0、近隣の多くの州でマグニチュード5.0の強い揺れが発生しました。 首都東京も4.0のマグニチュードでかなり強い揺れレベルを記録しました。

ニュース、写真:VNA

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。