鮭寿司はどこから来たの?

鮭寿司は今日、日本だけでなく世界中で人気のある料理ですが、その本当の起源はノルウェーの鮭廃棄物プロジェクトにあります。

鮭寿司に関しては、ほとんどのダイナーはすぐに日本を思い浮かべます。 奇妙に聞こえるかもしれませんが、日本人は鮭寿司の発明者ではありません。 実際、ノルウェー人は1980年代半ばにプロジェクトジャパンプロジェクトの一環としてこの料理を作成しました。

鮭寿司は、今日世界で最も人気のある種類の寿司の1つです。 写真: スプラッシュを解除

それはすべて、ノルウェー政府が鮭の余剰を管理しようとし、輸出オプションを検討したときに始まりました。 魚料理が好きで寿司の伝統が長い国として、日本はノルウェー人にとって理想的な市場です。

1985年にノルウェーの水産大臣トール・リスタウと様々な組織からの輸出業者を含む他の20人が率いる代表団が日本に派遣され、プロジェクト・ジャパンの基礎を築きました。 彼らの目標は、ノルウェーの魚の輸出を倍増させ、日本市場におけるノルウェーの魚の地位を向上させることです。 1991年までに、ノルウェーの魚の輸出は5億クラウンから18億クラウンに増加しました。 このプロジェクトはノルウェーにとって有益であるだけでなく、世界中の寿司の食べ方を変えます。

日本の寿司は本質的にマグロと鯛から作られています。 日本人には生鮭を食べる伝統がありません。 太平洋の日本海の鮭は、生で食べるのに適した味、色、匂いを持たない寄生虫で汚染されています。 昔、日本人は鮭を使って焼き魚やキリミを作ることが多かった。 しかし、焼き鮭の市場は寿司市場ほど収益性が高くありません。 したがって、ノルウェーの代表団は明らかに、彼らの大西洋サケが異なっていて、寿司を作ることができることを日本人に納得させたいと思っていました。

プロジェクトジャパンは、ノルウェー産サーモンの品質ではなく、生サーモンに対する日本の認識を変えることを目指しています。 たとえば、日本人が今でも伝統的な鮭と呼んでいるように、彼らは「日本酒」ではなく「鮭」という言葉を広め始めました。 変化は遅く、日本企業の西玲が寿司用のノルウェーサーモンの販売に同意するまで、人々はそれを信じ始めませんでした。 1990年代半ば、日本の料理プログラムはノルウェーのサーモンを認識し始めました。 数年後、プロジェクトの市場調査ディレクターであるビョルン・エイリック・オルセンが東京を歩き回り、レストランの窓に飾られたプラスチック製のサーモン寿司のレプリカであるミッションが成功したことを知り、壊滅的な打撃を受けました。

ノルウェーのレストランでサーモン寿司。 写真:おまかせさび

ノルウェーのレストランでサーモン寿司。 写真: おまかせさび

プロジェクトジャパンは日本人の寿司の食べ方を大きく変えましたが、それはほんの始まりに過ぎません。 香港やシンガポールと同様に、中国は急速に追いついてきました。 短期間で鮭寿司は至る所に存在し、ノルウェーの鮭は世界で最も人気があり美味しい寿司の1つになりました。 「間接的に」サーモン寿司を発明したノルウェーでは、日本と同じ品質の料理を楽しむことができます。

ロイヤリティ (によると 文化旅行)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。