首相は拡大G7サミットに出席するため日本へ出発した

5月19日午前8時、ファム・ミン・チン首相とベトナム高官代表団を乗せた飛行機が日本の広島に向けてノイバイ空港を出発した。 日本の岸田文雄首相の招待で、ベトナム政府首脳は先進7カ国グループ(G7)の拡大サミットにゲストとして参加した。

これに伴い、ファム・ミン・チン首相も5月19日から21日まで日本での工作計画を行っている。

ファム・ミン・チン首相は、拡大されたG7サミットに出席するため日本へ旅行するためハノイを出発した(写真:Doan Bac)。

ファム・ミン・チン首相の出張に同行する公式代表団には以下が含まれる。 ブイ・タイン・ソン外務大臣。 グエン・チ・ズン計画投資大臣。 ホー・ドゥック・フック財務大臣。 グエン・ヴァン・タン運輸大臣。 国営企業資本管理委員会のグエン・ホアン・アイン委員長。 レ・フイ・ビン国防副大臣。 グエン・ズイ・ゴック公安副大臣。 天然資源環境省のレ・コン・タン副大臣。 ファム・クアン・ヒエウ駐日ベトナム大使。

G7 グループは 1976 年に設立され、英国、米国、ドイツ、日本、フランス、カナダ、イタリアの先進産業を有する 7 か国の連合です。

第49回G7サミットは5月19日から22日まで日本の広島で開催される。 これは重要な多国間会議であり、世界の政治、経済、安全保障情勢が複雑かつ予測不能になり続け、各国の安全保障や開発環境に多大な影響を及ぼしている状況を背景に開催される。

首相、G7-2拡大サミット出席のため日本へ出発

5月19日朝、代表団はノイバイ空港(ハノイ)で首相に別れを告げた(写真:ドアン・バック)。

この会議は2023年のG7グループ議長国として日本が主催し、日本は2023年から2024年の任期で国連安全保障理事会の非常任理事国でもある。

5月20~21日に開催される今年の拡大G7サミットには、次のテーマの3つのセッションが含まれる。 「持続可能な地球のための共同の取り組み」(気候、環境、エネルギーのテーマに焦点を当てる)と「平和で安定した豊かな世界に向けて」(平和、国際法の尊重、多国間協力のテーマに焦点を当てる)。

ファム・ミン・チン首相は3回のセッションすべてに参加する。

首相、G7-3拡大サミット出席のため日本へ出発

2021年11月22日から25日までのファム・ミン・チン首相の日本公式訪問中のファム・ミン・チン首相と岸田文雄首相(写真:VGP)。

今年のG7サミットのゲストには、8か国(ベトナム、韓国、インド、インドネシア、ブラジル、コモロ、クック諸島、ウクライナ)と6つの国際機関(国連)、欧州連合、世界銀行、国際通貨基金の上級リーダーが含まれます。 、経済協力開発機構(OECD)およびアジア開発銀行)。

山田多喜男駐ベトナム日本特命全権大使は、今回のG7サミットへのベトナムの招待は、両国間のパートナーシップを新たなレベルに引き上げる重要な一歩であり、このプロセスへの動機を生み出すものであると述べた。

この出張プログラムのハイライトの一つは、50以上の日本の経済団体、団体、企業が参加するベトナム・日本ビジネスディスカッションです。

ファム・ミン・チン首相の今回の出張は、深く実質的な国際統合と組み合わされた独立・自立経済の構築という、ダイナミックで革新的な発展を遂げるベトナムのメ​​ッセージを伝えるものである。 ベトナムも積極的かつ積極的に参加し、国際社会の平和、発展、共通の関心事に責任を持って貢献しています。

日本はベトナムの主要な経済パートナーであり、ベトナムの市場経済の地位を認めた最初のG7国です(2011年10月)。 日本はベトナムにとって最大のODA供与国、第2位の労働協力パートナー、第3位の投資国、第3位の観光パートナー、第4位の貿易パートナーでもある。

2023年の最初の3か月で、両国の輸出入売上高は106億ドル以上に達しました。 現在、日本はベトナムで5,050件の有効なFDIプロジェクトを抱えており、登録投資総額は694億ドルで、ベトナムに投資している143の国と地域の中で第3位にランクされている。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です