首相、20年にわたるオモン火力発電プロジェクトを「保存」するよう日本に要請

12月16日午前、ファム・ミン・チン首相は日本の大手企業の代表者らとの円卓会議の議長を務めた。 両国間の投資協力促進に向けた協議は今回で6回目となり、ベトナム政府がベトナムと日本の経済・貿易・投資協力の促進に関心を示していることが示された。

直接電力交換ポリシーを完了する

ファム・ミン・チン首相は、ベトナムへの投資と事業を拡大したい日本企業の要望に耳を傾け、両国が精力的に実施しているグリーントランスフォーメーションとデジタルトランスフォーメーションの分野を指導してきました。

ファム・ミン・チン首相は日本の大手経済企業との協議に参加した(写真:Doan Bac)。

首相は、ベトナムはグリーン開発のための生態環境を構成する土地権利、石油、電力などに関連する制度を積極的に整備していると述べた。 電力の直接売買政策を徐々に完成させる。 グリーン開発を促進するための制度の改善。

ベトナム政府指導者らは日本企業に対し、ベトナムのグリーン開発、医療インフラ、グリーン交通への資金支援を要請した。

具体的な問題について、ベトナム政府首脳は、オモン火力発電所プロジェクトは20年間続いており、今回、日本バンが火力発電所に投資したオモン火力発電所の開発が決定したと述べた。発電所。 ここ。

首相によると、残る問題はガスの購入と電力の販売に関する交渉だという。 同氏は日本側に対し、PVNおよびEVNと協力してこの問題について話し合うよう要請し、政府が投資を誘致するための優遇政策を講じることを確認した。

電力供給の問題に関して、首相は、容量の不足はないと断言したが、経営上、不足が生じることはあり、特に次の乾季の高揚期を見据えて、これを改善する解決策はある。 。

首相、20年続いたオモン火力発電プロジェクトを救うよう日本に要請 - 2

首相は、日本の大手企業に対し、ベトナムが新世代の開発援助(ODA)資金源にアクセスできるよう支援するよう要請した(写真:Doan Bac)。

別の分野に言及し、ベトナム政府首脳は両国間の労働協力について言及した。 現在、日本に住むベトナム人の数は50万人以上に達し、ベトナムには20万人以上の日本人がいます。 「労働はベトナムと日本の典型的な協力分野である」と首相は強調した。

行政手続きの難しい問題に関して、首相は、外国企業全般、特に日本企業の問題を​​改善、解決するために日本企業の意見を受け入れ、オンラインでの行政手続きの取り扱いを改善することを確認した。

ベトナムの脆弱な銀行の再建に日本の銀行に参加を提案

以前、MUFGグループ会長のマイク・兼続氏を迎えた際、ファム・ミン・チン首相はMUFG会長に対し、ベトナムのデジタル変革、グリーン変革、科学技術の発展を支援するさらなる政策を採用するよう要請した。

「これらは、金融会社、国家イノベーションセンター、ホーチミン市とダナンの国際金融センターの発展を含め、ベトナムが発展に関して注力している優先事項である」と首相は強調した。

首相、20年続いたオモン火力発電プロジェクトを救うよう日本に要請 - 3

首相は日本の主要経済団体との会合に出席する前に、東京で三菱UFJ銀行の取締役らを出迎えた(写真:ドアン・バック)。

同氏は、MUFGの可能性がベトナムの投資戦略の変更に役立つと信じている。 例えば、ベトナムはMUFGがベトナムの銀行再編に参加することを望んでいる。 まず第一に、デジタルトランスフォーメーションを強化し、安全で健全な運営を強化し、正しい軌道で安定して発展させるために、Vietinbankを再構築する必要があります。 公営住宅開発の分野を含む新興産業の発展。

同じ朝、ファム・ミン・チン首相がみずほ銀行頭取を出迎えた。

首相は、ジェトロが投資家にベトナムへの投資を呼び掛けることを期待すると同時に、グリーントランスフォーメーション、デジタルトランスフォーメーション、循環経済、知識経済に焦点を当てた投資やインセンティブを誘致する政策を策定するようベトナム政府に助言するようジェトロに要請した。 、シェアリングエコノミー。

銀行にとってベトナムは、みずほが脆弱なベトナムの銀行の再建を支援することを期待している。 労働者、低所得者、社会的に恵まれない人々のための100万戸の公営住宅の開発を支援する優遇政策をとっている。

日本の斉藤健経済産業大臣は、日越経済フォーラムへの参加に先立ってベトナム首相と会談し、世界との産業協力を促進し、両国が協力して未来を創りたいという願望を共有した。

日本は、クリーンエネルギー、デジタルエコノミー、半導体、新世代自動車、ハイテク医療など、世界の中でもかなり発達した産業を数多く抱えているため、日本はベトナムがこれらの分野で日本と協力することを期待している。

首相は大臣の見解に同意し、エネルギー転換とグリーンエネルギー開発の過程において日本がベトナムを支援することを提案した。

Hoai Thu (日本、東京出身)

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です