飛行機は日本からベトナムに向かう途中で火事に脅かされました

1月5日、成田空港(東京)からハノイへのベトナム航空VN5311便は、「東京湾を横断中に撃墜する」と男に脅された。

1月5日夕方のベトナム民間航空局の発表によると、成田からハノイへのVN5311便は、客室乗務員12名、パイロット3名、乗客47名で午前10時30分(現地時間)に離陸した。

午前11時10分ごろ、ベトナム航空の日本支社は、日本語を話すアメリカ人と主張する人物から、「成田に戻るのにVN5311便が最適です。さもないと、途中で撃墜されます。東京湾」。

電話に出た従業員が「今言ったことを繰り返してくれませんか」ともう一度尋ねると、男性は「東京湾上空を飛行中にVN5311を撮影する準備をしているので、引き返すのが一番だ」と答えた。

この時点で、飛行機は東京湾を横断する準備をして、約40分間飛行していた。 上記の脅迫電話を受けた直後、日本の子会社はベトナム航空に報告した。

成田空港と東京湾の位置。 写真: gmap

当社は、日本当局、ベトナム民間航空局、公安省当局に事件を報告し、ベトナム航空株式会社のテロ防止のための緊急委員会および運営委員会の会合を招集した。

ファム・ビンミン副首相と運輸大臣の合意を得て、ベトナム民間航空局長はベトナム航空に日本の航空当局に飛行機を迂回させて福岡空港に着陸する許可を求めるよう命じた。

午後1時2分ごろ、VN5311便は福岡空港に無事着陸した。 福岡空港当局と警察は乗務員と乗客をチェックして質問するために飛行機に乗り込みましたが、セキュリティ対策を実施できず、レビュー、評価情報、および飛行の安全性のために飛行機を福岡空港に2時間駐車することができました。

現地時間午後2時半ごろ、飛行は安全で異常の兆候はないと判断した後、福岡空港の当局と警察は、VN5311便のハノイへの出発を許可すると発表した。

飛行機は向きを変えて福岡空港に着陸しなければなりませんでした。 写真:フライトレーダー

衛星画像は、飛行機が向きを変えて福岡空港に着陸しなければならなかったことを示しました。 写真: フライトレーダー

ベトナム航空は、福岡空港から午後3時48分にVN5311便を離陸させ、ハノイへの旅を続けた。 1月5日夕方の午後6時12分(ベトナム時間)、ノイバイ空港に無事着陸した。

ベトナム民間航空局によると、ベトナム航空は、規制に従って事故を処理し、飛行の安全を確保するための安全緊急対応プロセスを確立しました。 局はまた、事件を調査するために関連する日本の当局と調整するように関連当局に助言した。

VN5311は、ベトナム航空が日本からベトナムへの最初の商用便であり、両国が通常のルートを復旧したためです。

ローンドアン

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。