電子箸は食べ物を1.5倍塩辛くします

日本電子箸は、弱い電流を使ってナトリウムイオンを調節し、味覚を変えるので、減塩食をしている人はまだ食べ物がおいしいと感じます。

キリンの従業員は、4月15日に東京で電気刺激を与えることで食べ物の風味を高めることができる箸を使用しています。 写真: ロイター/加藤一世

明治大学(日本)の宮下芳明教授は、飲料会社のキリンと共同で、電気刺激とリストバンドに取り付けられたミニコンピューターによって塩味を高めることができる電子箸を開発しました。 ガーディアン 4月19日発表。 この装置は、弱い電流を使用してナトリウムイオンを食物から箸を通して口に運び、塩辛い感覚を作り出します。

チームは、プロトタイプを完成させ、来年、新しいワンドを消費者が利用できるようにすることを望んでいると述べています。 醤油や味噌などの具材を使っているため、塩分が多い伝統料理もある日本で人気が出そうです。

日本の平均的な成人は1日あたり約10グラムの塩を消費します。これは世界保健機関(WHO)が推奨する量の2倍です。 この国の保健省は、1日の塩分摂取量を男性で最大7.5グラム、女性で最大6.5グラムに減らすことを提案しています。

「電子箸は、非常に弱い電流(人体に影響を与えるほど強くない)を使用して、塩化ナトリウムやグルタミン酸ナトリウムなどのイオンの機能を調整し、味覚を変化させ、食品を多かれ少なかれ強くします。」 キリンは言った。

減塩食をしている人を対象にした実験では、箸が減塩食品の塩味を約1.5倍に高めたことがわかりました。 減塩味噌汁を食べた参加者からは、強度、なめらかさ、全体的な味わいが改善されたとのことでした。

塩分を多く摂取すると、心臓発作や脳卒中の主な原因である高血圧の原因となる可能性があります。 「これらの病気を防ぐには、塩分摂取量を減らす必要があります。しかし、従来の方法で塩分を減らすには、お気に入りの食べ物をメニューから外したり、当たり障りのない食べ物を食べたりするという悲惨な気持ちに耐えなければなりません」と研究者は述べています。キリンの佐藤。

宮下の研究室では、感覚の機能に新しいテクノロジーを適用する他の方法を模索しています。 ここの専門家チームは、さまざまな種類の食品の味をシミュレートする機能を備えた、なめらかなテレビ画面も作成しました。

木サオ (によると ガーディアン)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。