財務省は世界最低税の適用に関する詳細情報を提供しています


ベトナムは、少なくとも2/4年連続で売上高7億5,000万ユーロ(約8億米ドル/年)の多国籍企業を対象に、2024年1月1日から最低税率15%のグローバルミニマム税を課し始めます(図)

11月29日午前、国会議員462/463名(93.52%)の賛成票を得て、第15期国会第6回会議は、法人税の追加適用に関する決議を採択した。世界的な課税ベース。 侵食。

この決議は 2024 年 1 月 1 日に発効し、2024 会計年度から適用されます。

同日夜、財務省はこの決議の内容を詳述したプレスリリースを発表した。

財務省によると、世界的な課税基盤の浸食を防ぐことを目的とした規制に基づく追加法人税の適用に関する決議には、8条と1つの附属書が含まれている。 決議案の注目すべき点は次のとおりです。

決議で指定されている納税者: 特定の所定の場合を除き、会計年度直前の04年間のうち少なくとも02年間の最終親会社の連結財務諸表における売上高が7億5,000万ユーロ(EUR)以上に相当する多国籍企業の構成単位であること。 。

決議案は法人税追加課税の適用に関する2つの内容を定めている。:

適格国家最低補足規則 (QDMTT) 会計年度中にベトナムで生産および事業活動を行う、上記の多国籍企業の構成単位または構成単位のセットに適用されます。

課税最低限に関する規制(RII) 上記多国籍企業の構成単位であり、直接的または間接的に所有権を保有するベトナムの最終親会社、部分所有親会社、中間親会社が対象となります。 構成事業体は、グローバルミニマムを下回る低い外国税率の対象となります。 会計年度中いつでも税金を精算できます。

最低税率は決議で指定されています。 15%。

納税者は以下を申告しなければなりません: 世界的な最低税規制に基づく情報報告。 財務会計基準の違いによる差異の説明を伴う法人税補足申告書

申告と税金の支払い期限: 追加の全国最低法人所得税 (QDMTT) に関する規制の期限は、会計年度末から 12 か月です。 課税最低限に関する規定(RII)については、適用対象となる最初の年度の会計年度終了後18か月以内となります。 後続年度の会計年度終了後 15 か月です。

国会の462/463代議員は11月29日朝、世界的な税基盤の浸食を防ぐことを目的とした規制に基づく追加法人税の適用に関する決議に賛成票を投じた。

2022年の法人税最終データによると、財務省(税務総局)は、ベトナムに投資している約122社の外国企業が国家追加最低基準(QDMTT)の影響を受けると試算しており、追加徴収される税金は約14ドンと見積もられている。 6兆。

2022年の法人税確定データに基づく試算によると、ベトナムが課税最低限(RII)の概要に関する規制を適用した場合、ベトナム企業6社が適用され、ベトナムが徴収できる追加法人税の額は、約 730 億ドンになると予想されます (受益国が QDMTT を実施しない場合)。

この決議は、政府および省庁に、その義務と権限の範囲内で、この決議で指定された内容と政策を組織し、実施する責任を割り当てます。 決議の履行を確実にするために必要な条件を早急に準備する。 世界最低税の徴収に役立つ自動情報交換に関する多国間協力活動の組織と実施に焦点を当てる。 正式な実施計画とロードマップを作成し、責任を割り当て、税務当局の実施能力に迅速に対応するための手段とリソースを組織し、納税者の​​自主的なコンプライアンスを向上させるための措置を講じます。

財務省によると、税務総局は現在、完全な法的根拠、政府の実施規定との同期性および一貫性を確保するため、決議で指定された内容を詳述する政令を緊急に策定している。

2013 年 6 月、国際協力機構 (OECD) は、税源浸食と利益移転の防止を目的とした取り組みを開始し、主要先進国および新興経済国の首脳 (G20) によって承認されました (税源浸食)および利益移転 – BEPS)。 )。

2021年7月9日、G20財務大臣と中央銀行総裁は、国際経済のデジタル化プロセスによってもたらされる財政上の課題に対処するための「二本柱解決策」の原則に合意した。

2021 年 10 月 8 日、OECD はデジタル経済によってもたらされる課題に対処するための 2 本柱の解決策枠組みの宣言を発表しました。 現在までに、この 2 本柱の解決策枠組みは、BEPS 世界協力フォーラム (IF) の加盟国 142 か国中 142 か国から合意を得ています。

海外に資本投資を行っている国は、基本的に 2024 年からグローバル ミニマム税を適用し、グローバル ミニマム税 (15%) との実効税率の差額を徴収します。これには以下の国が含まれます。 ベトナムに多額の投資資本がある国 (韓国など) 。 、日本、香港、シンガポール……。

ベトナムなど外国から投資資本を受けている国は、ベトナムよりも実効税率が低い加盟企業の所得に対する追加税の支払いを回避するためのQDMTT規制の適用など、世界最低税に対処する政策を模索している。 親会社が本社を置く国への最低税率を適用するほか、世界最低税の対象となるFDI企業を維持し、新たな投資家を誘致するための多くの財政支援ソリューションも模索している。

グローバル ミニマム税は国際条約や国際約束ではなく、その適用は各国に義務付けられていません。 ただし、ベトナムがそれを実施しない場合でも、他の国がグローバルミニマム税を適用することを受け入れなければならず、ベトナムの企業に追加税を課す権利を有します(施行の対象)。 特に外国投資企業の場合、世界最低金利は 15% です。

スマート スマート

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です