西洋の観光客とゲストは「テットと同じくらい幸せ」

観光客や外国人観光客にとって、ベトナムの開幕日は大晦日のようで、2年間待っていたのでさらに楽しいです。

3月15日の夜、ホーチミン市のブイビエン歩行者通りはまだ空でしたが、雰囲気は活気に満ちていました。 通り沿いのバー、ナイトクラブ、カラオケ、レストランのスタッフは、ベトナムが今日から海外からのゲストに開放されるというニュースを聞いたことがあると語った。 かつて賃貸看板に使用されていた場所の一部が現在修理中です。

ブイビエンの観光客は幸せで、西洋のゲストを歓迎する準備ができています。 写真: Huynh Nhi

GO2BarのLuongMinhTu氏は、次のように述べています。長い間ブイに外国人ゲストがいます。インスティテュート。ゲストを歓迎するのは楽しいでしょう。通りはより混雑し、活気があり、人々も収入を増やすでしょう。トゥ氏の店はインテリアを変更しました。顧客とスタッフ、それはまた定期的に掃除と消毒をします、スタッフの100%は常にマスクを着用します。

ミスサイゴンパブの代表は、レストランは海外の顧客や追加のスタッフにもサービスを提供する準備ができていると述べました。 カフェで働く人の90%は英語でコミュニケーションが取れます。 さらに、安全を確保するために、各サービングテーブルにはゲストが利用できる手指消毒剤があります。

ビジネス世帯だけでなく、ツアーガイドもベトナムが観光に開放されていると聞いて喜んでいます。 その一例が、ベトナムと東南アジアへのノルウェー人観光客の連れ込みを専門とするアルバトロストラベルで働くノルウェー人ガイドのJPクロフスタッド氏です。 61歳のガイドは長い間これを待っていました。 彼にとって今最も重要なことは、仕事に戻って収入を得ることです。

「どういうわけか、プレッシャーを感じさせず、いつも希望しなければなりません。3月15日は私が復活したマイルストーンです。私は賑やかな交通が好きなので、しばらくノルウェーに戻ってからベトナムに戻ります。ジャム、おいしくて安いおやつ、フレンドリーな人々、ここの典型的な地域の文化、私が知らないことがたくさんあります」とJPは言いました。

JPクロフスタッドは復活したと感じています。 写真:CNVC

JP Klovstadは、2003年からベトナムの観光ガイドを務めています。写真: CNVR

GPトラベルでフランス語を話す営業を担当するLeThiThu Huong氏は、遠くからリラックスすることが多い欧米市場の性質上、ベトナムへの海外からの訪問者数はすぐには急増しない可能性があると述べた。 しかし、彼女にとって、ドアの開放と入場条件の柔らかさは朗報です。

「この方針により、日本、マレーシア、シンガポールなどの市場からのゲストを歓迎する可能性が非常に高く、4月初旬の休暇中にヨーロッパのゲストを歓迎することに間に合う」とフォン氏は述べた。 「長年の観光客として、パンデミックの困難を克服しようとした後、私はこの政府の政策を歓迎し、そのような開放条件で、西洋の観光客はすぐに後期にベトナムに戻ると信じています」。

ホーチミン市のアオダイ博物館の館長であるフイン・ゴック・ヴァン氏は、このユニットは資格があり、海外からのゲストを再び迎える準備ができていると語った。 市内中心部からはほど遠いですが、ベトナムに住む外国人を魅了する美術館も注目されています。

「海外からのゲストを迎えるのは、難しい質問が多いため、国内のゲストよりも常に複雑です。ツアーガイドを英語のナレーションでトレーニングしました。ゲストのレンタルなどの博物館でのサービス。写真の古代衣装、田舎の市場の料理スペース、ケータリングサービス…国内の顧客で成功裏に実施され、海外の顧客でも展開されます。顧客をガイドするために、より豊富なコンテンツを完成させ、学習し、翻訳します」とヴァン氏は語りました。

現在、ベトナムはロシアを含め、3月15日から一方的にビザなしの政策を復活させました。 ただし、ロシアのアレクサンダーボリャエフの場合、15日間のビザなし期間は少し短いです。 「私は5か月間ベトナムに旅行する予定なので、ビザの問題は非常に重要です。ビザの延長についてより明確な情報を入手したいと思っています。90日間のビザを取得できます」とアレクサンダーは言いました。 彼は、15日後に国を離れなければならず、それでもビザの延長方法がわからない場合は、別の国に行き、後でベトナムに戻るつもりです。

アレクサンダー・ボリャエフ氏は、3月15日のマイルストーンを待っている間、過去数日間は「息を止めた」と語った。 彼は決定が公式に行われたことを非常に喜んでいます。 その前は、国境が開かないと、自分の人生の愛に会うためにベトナムに来ることができないのではないかと常に心配していました。 「すべてが順調に進んでいます。国境は開いており、私の旅は始まります」とアレクサンダーは語った。 現在、彼は興奮していて、ハロン湾を見たり、タヒエン、ブイビエンなどの西部の通りを訪れたりする日を楽しみにしています…

ベトナムが観光業の開始を公式に発表したとき、アレクサンダーはため息をついた。 写真:CNVC

ベトナムが観光業の開始を公式に発表したとき、アレクサンダーはため息をついた。 写真: CNVR

オーストラリア人のケン・ラフターは、ベトナムに戻るのをほぼ2年待ちました。 彼は新しく採用されたエントリールールに満足しています。 「あなたの家族をあなたの美しい国に連れ戻すことは素晴らしかった」とラフターは言った。 彼は、ホーチミン市、ダナン、ホイアン、ハノイ、ニンビンなどの有名な観光地を訪れる予定です。

3月15日、ベトナムは、良好な参入条件での観光の開始を発表しました。 その結果、ベトナムに入る訪問者を隔離する必要はありません。PCRまたは迅速抗原検査によって陰性のnCoVをテストし、医療申告を行い、PC-Covidアプリをインストールするだけです。

Huynh Nhi-Trung Nghia-Thanh Thu

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。