西側が制裁を強化する中、アジア企業はロシアからの撤退に消極的

DNHN -ロシアとウクライナの間で2週間の武器紛争が発生した後も、ロシアでビジネスを行う方法について、アジア企業と欧米企業の間にはまだ違いがあるようです。

ウラジーミルプチン大統領によって開始されたウクライナの侵略により、一部の企業はロシアで廃業しました。 (写真提供元APおよびロイター)。

多くの欧米企業が抗議してロシアからの撤退を発表したが、アジア企業は、経済制裁に直面して紛争を回避するために事業を縮小したものの、紛争に対する批判についてはあまり声を上げていない。

アジア企業の注目すべき動きの1つには、日本の衣料品メーカーであるユニクロのボスからのコメントが含まれ、ロシアに50か所を開設し続けるという彼の決定を説明しています。

「服は生活の必需品です。 ロシア人には私たちのように生きる権利があります。」 親会社ユニクロファーストリテイリングの柳井正最高経営責任者(CEO)は、3月7日月曜日に報告されたコメントで日経に語った。

ユニクロのライバルであるH&Mグループ、ナイキ、ネットフリックス、ビザ、マスターカードなど、さまざまな分野の欧米企業が、くし型侵入を受けてロシアでの販売とサービスを停止すると発表した。

一部の自動車メーカーを含め、ロシアでの操業を停止しているアジア企業は、依然として実務上の困難を挙げている傾向があります。

FactSetによるとロシアでの年間売上高は45億ドルと推定されているアップルは、同国での製品の販売をすべて停止し、「お金を失いたい人には立ち向かおう」と語った。 ウクライナで。”

数日後、韓国のサムスン電子は推定売上高32億ドルで、同国への出荷を停止すると発表した。 戦後、韓国政府は、コンピューター、通信機器、インターネットインフラストラクチャーなど、1,600を超える戦略的製品のロシアへの輸出禁止を発表しました。

英国の世論からの圧力を受けて、石油会社シェルは、紛争後、ロシアのエネルギー大手ガスプロムとの合弁事業から撤退すると述べた。

対照的に、日本最大の商社の1つであり、サハリン2ガスプロジェクトでシェルおよびガスプロムと共同投資を行っている三井物産は、「日本政府や貿易相手国を含む利害関係者と、エネルギー供給のニーズを考慮した行動。

モスクワのユニクロ店。 親会社のユニクロファーストリテイリングの柳井正最高経営責任者(CEO)は、ロシアで店舗を閉鎖していない理由を説明し、次のように述べています。
モスクワのユニクロ店。

多くのビジネスリーダーが日経アジアのニュースサイトに話しかけ、出口を拒否したいくつかの理由を挙げました。

「このような危機において、私たちが最初に頭に浮かぶのは、従業員とパートナーの安全です。 企業として、国際政治に対して可能な限り中立を保ちたい」と語った。 日本の自動車メーカーの幹部は言った。

日本のテクノロジー企業の幹部は、「当社のサイトはサイバー攻撃を含むさまざまなリスクに脅かされている可能性があるため、日本政府はロシアに対する制裁措置を積極的に採用していないようだ」と述べた。

日本商工会議所の三村明夫会長は先週の記者会見で、ロシアへの対応で同国の事業が他国に遅れをとっているのかどうか尋ねられた。 「日本が世界のどこをリードすべきかは問題ではない」と彼は言った。 遅れるとは思わない。 必要な措置を講じています。」

法律事務所シドリー・オースティンのパートナーであるマーガレット・アレン氏は、アジアの企業は一般的に「より慎重になる傾向があります…そしてこのような急速に変化する状況では、企業がすぐに反応したくないことは理解できます。彼らは明日が何をもたらすかを知りません。」

イェール大学がまとめたリストによると、3月8日の時点で、200以上の外国企業、主に西側企業がロシアでの事業を停止しました。 しかし、これはすべての欧米企業が活動を停止したことを意味するものではありません。

中国やインドを含むいくつかの主要なアジア諸国は、ロシアのウクライナとの戦争を非難したり、国を財政的に孤立させることを目的とした国際的制裁に参加したりすることを拒否しました。 ロシアで金を失った後、ロシアから撤退することを計画していた中国のハイテクカーの巨人、ディディ・グローバルは、論争が展開した後、計画をキャンセルした。

ロシアにおけるアジア企業の売上高(数十億ドル)
ロシアにおけるアジア企業の売上高(数十億ドル)。

世界中の企業は、米国やヨーロッパの企業よりもロシアでの収益が少ない可能性があります。 多くの国際企業はロシアでの収入を開示していませんが、 FactSetは、年次報告書やその他の記録から収益を見積もりました。

FactSetのデータによると、ロシアで最も収益が高い50の外国企業のリストには、アジアの7つの企業が含まれています。これに対して、FactSetのデータによるとヨーロッパの企業は約30社です。 リストのトップアジア企業であるサムスンでは、ロシアでの売上高が同社の総売上高のわずか1.3%を占めています。

ムーディーズ・アナリティクスは2月25日、「アジア太平洋諸国の場合、ロシアへの輸出はGDPの1%に過ぎない。したがって、制裁措置が強化されてロシアでの貿易が困難になると、アジア太平洋諸国に直接的な影響を与える」と述べた。ロシアとの貿易を減らすことは非常に小さいままです。」

ロシアは西側から孤立しているため、地政学的な対応が異なると、アジア企業がナビゲートしなければならない代替の同盟が生まれる可能性があります。

カナダのトロントに本拠を置くFutureInnovation AdvisoryCenterのアナリストであるAbishurPrakashは、次のように述べています。 「すべてのアジアの多国籍企業の企業経営者は、利益が地政学的な意味を上回るか、またはその逆かを決定する必要があります。 これは、ウクライナの紛争だけでなく、現在および将来のすべての地政学的状況にも当てはまります。」

バオバオ(テオ日経アジア)

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。