締め切りに間に合う方のみご利用いただけます

日本Manuscript WritingCaféは、作品のドラフトを提出する必要がある人だけにサービスを提供するカフェです。

東京の原稿執筆は、作家、ジャーナリスト、翻訳者、編集者など、執筆を実践するゲストのみを受け入れるカフェです。 静かな職場。 オーナーの川井拓也氏によると、このグループのゲストだけを受け入れる目的は、ここで集中力と真剣な職場環境を維持することです。

もともとはレコーディングスタジオだったので、原稿執筆店はあまり開いていません。 チェックイン目的で使用されていないときは、この場所はカフェを兼ねています。 写真: ツイッター/川井拓哉

レストランに入る前に、お客様はスタッフに自分がしていることと、1日に書くことができる単語の数、翻訳された原稿のページ数など、実行する具体的な計画を説明する必要があります。 。 レストランに入る際、顧客はオーナーが設定した規則にも同意する必要があります。 つまり、以前に発表された作品を完成させずに立ち去ることは許されません。 閉店しない限り、仕事を終えていない人は立ち去ることができます。

ストアで最も人気があり、簡単に受け入れられる仕事は、小説、ジャーナリズム、脚本を書くことです…さらに、翻訳、編集、校正、計画、次のプロジェクト、コーヒー、仕事も受け入れます。

上記の手続きを完了すると、ゲストは座席を見つけることができます。 ここでは、電源コンセント、急速充電器、クーラー(ラップトップ用)、wifi…を完全に備えています。

カフェは締め切りの厳しい人にのみサービスを提供します-1

開店時間は午後1時から午後7時までで、毎日営業しているわけではありません。 そのため、事前にレストランのウェブサイトで営業時間を確認することができます。 写真はレストランのインテリアです。 写真: ツイッター/川井拓哉

スタッフは1時間ごとにクライアントの作業の進捗状況を確認します。 さらに、お客様はスタッフに提案を求めたり、大声で叫んだりして、割り当てられた作業時間をすばやく完了するように動機付けることもできます。

ショップは数日間オープンしたばかりで、ショップで過ごした時間に基づいて顧客に請求します。価格は30分間で1.32ドルです。 バーで利用できるのはコーヒーと水だけなので、人々は自分の食べ物や飲み物を持参することを歓迎します。

ミンさん (によると ソラのニュース)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。