米国と一連の同盟国は1億2000万バレルの石油を流出させた

IEAは、米国が半分を占める1億2000万バレルの石油を緊急備蓄から拒否することを確認しましたが、日本は1500万バレルで遅れをとっています。

国際エネルギー機関(IEA)は、ロシアとウクライナの紛争によって引き起こされた世界的なエネルギー不足を解決するために、この石油が今後6か月以内に加盟国によって放出されることを4月7日に示しました。

「IEAメンバーは、米国が戦略的石油備蓄(SPR)の解放の一環として貢献している6000万バレルを含む、共同備蓄からの1億2000万バレルの石油の放出に着手している」と、 IEA、Twitterに書き込みます。 「会員の貢献の詳細はまもなく発表されます。」

日本政府は後に、市場を安定させるために、国内消費の8日間に相当する1500万バレルの石油埋蔵量を解放することを確認しました。これは米国に次ぐ第2位です。 このリリースは、日本がIEAメンバーとして以前に行った750万バレルのコミットメントの2倍です。

2021年11月28日、福井市の国立石油貯蔵所。画像: 共同通信。

IEAの理事会は、これが組織の歴史上最大規模の油流出であり、4月1日に31の加盟国によって合意され、年初以来2回目のIEA石油からの埋蔵量の放出を示したことを確認しました。 外側。 IEAは、3月1日にすでに6,270万バレルの石油を拒否していました。

4月1日のIEAの臨時閣僚会議で、ウクライナでの戦争は「世界の石油市場に重大な緊張を引き起こし、価格変動につながる」と宣言し、タイムズはロシアの石油混乱のリスクに対する警戒を強調した。 「世界の石油供給に衝撃を与える」可能性のある生産。

IEAが1991年以来5回目の在庫を発表した。IEAの31人のメンバーの緊急備蓄にある石油の総量は15億バレルである。

デューク・チュン ((ロイター/アジア日経)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。