米国、日本、台湾の諜報機関はどのように連携していますか?

早い段階で、米国、日本、台湾の島は、空、陸、海、水中の標的を監視できる統合偵察ネットワークを確立しました。

海上での偵察

太平洋艦隊、米国、海上自衛隊には、数十隻の偵察艦、最新の装備、非常にステルスな機能があります。 米国の偵察船のほぼ半数が東南アジアに位置しているため、情報収集はアジア太平洋地域に焦点を当てています。





仕事:外交官

日本の海上自衛隊は、津軽海峡などの重要な航路に水上および水中監視システムを配備しました。

アジア太平洋地域の米国の対潜水艦システムには、冷戦中に形成された固定海底ソナーシステムが含まれており、現在も使用されています。 米国は、このシステムを通じて東海諸国の海軍潜水艦の活動に関する多くの情報を収集していた。

空中偵察

空中偵察は、米国、日本、台湾で最も広く使用されている偵察手段です。 米空軍太平洋空軍基地には、韓国の烏山空軍基地と日本の嘉手納基地と三沢空軍基地を中心に、6種類を含む数十機の偵察機があります。

日本空軍には、P-3C対潜哨戒機、MH-53早期警戒海上偵察ヘリコプター、早期警戒機長距離E-767からなる空中偵察部隊があります。

この中で、E-767長距離早期警戒機の航続距離は1,850 km、高高度目標の搭載レーダーの偵察距離は780 km、低高度目標と水面の偵察距離です。 400キロです。

台湾は、米国製の6機のE-2早期警戒機を駆使し、あらゆる気象条件での運用を確保し、地中レーダー局や自動防空システムと緊密に連携して監視と空中警戒を強化しました。

衛星認識

衛星偵察は国境に制限されず、広範囲に渡って最新のものです。 現在、米国には、直接的または間接的に、あらゆる種類の衛星が少なくとも50機あり、偵察任務を担当しています。米国の偵察衛星は、平均して6時間ごとにアジア太平洋地域をスキャンし、関連する動きに関する情報を収集して提供しています。

日本とともに、すでにかなりの数の光学衛星を持っており、空間インテリジェンスを収集するための完全なシステムを形成しています。 台湾は、米国の支援を受けて、一連のHuawei衛星も打ち上げ、最初は大規模な宇宙偵察能力を生み出しました。

信号の認識

米国は長い間、日本と韓国に多くの信号偵察局を設立してきました。 米国はまた、軍隊を配備し、中央アジア諸国と合同軍事演習を実施して、信号に関するさまざまな種類の情報を収集するための大規模なレーダーおよび電子監視ステーションを設置する機会を得ました。

日本と台湾も重要な無線情報施設です。 日本には6つの通信局があり、台湾には大型の電子偵察局を設置し、新しい長距離警報レーダー局を建設しました。

インテリジェンス関係の強化

米国と台湾の間の諜報協力協定によれば、毎年、双方の諜報機関は会合を開き、諜報を交換し、協力問題について話し合う。

2002年以来、台湾は米国との軍事ホットラインを設立しました。 また、2002年、米国下院は、脅威分析、ロジスティック支援、収集、情報ニュース分析の分野での協力を含む、米台軍事協力を強化する法案を可決しました。

2003年以来、日本と台湾は定期的に軍事諜報当局との会合を開いている。 日米の諜報当局も日米安保条約の精神で定期的に会合を開いている。 最近、ニュースの適時性を確保するために、米国、日本、台湾の諜報機関は定例会議から定例会議に移行しました。

米国はまた、台湾が諜報システムを構築するのを支援しており、通常、C-130 HE航空機の電子戦闘施設の構築、E-2T早期警戒航空機およびF-16戦闘機のデータネットワークの構築、電子偵察の構築を支援しています。海軍、地上および空軍のためのシステム。 米国はまた、台湾の諜報員を訓練しています。 インテリジェンスの収集、調査、処理のプロセスの開発を支援します。 セキュリティおよびインテリジェンスシステムの運用プロセスを最適化します。

一方で、協力の高まりとともに、米国、日本、台湾の諜報機関も、パートナーの政治的・軍事的問題をタイムリーかつ包括的に把握するために、諜報を収集するために潜入しています。

VietNamNetで世界のニュースを見る

グエンフォン

アメリカの画像諜報活動はどのように機能しますか?

アメリカの画像諜報活動はどのように機能しますか?

戦闘では、ビジュアルインテリジェンスは、指揮官が戦場の状況をよりよく理解するのに役立ち、詳細な計画をサポートします。

国際知能研究の秘密

国際知能研究の秘密

すべての国の諜報機関は、諜報分析、特に公開情報の場所と役割を認識しています。 その中で、彼らは一般的に以下の方法を適用します。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。