米国、日本、オーストラリアの軍艦が東海で合同訓練を実施

南シナ海での多国籍海軍演習には、米国、日本、オーストラリアの3隻の軍艦が参加していますが、正確な場所は不明です。

アーレイバーク級誘導ミサイル駆逐艦USSMomsen(DDG 92)と、海上自衛隊(JMSDF)およびオーストラリア海軍(RAN)の軍艦との間の演習は、南シナ海で15/05.3に終了しました。米国太平洋艦隊(CPF)は昨日声明を発表した。

モムセンの他に、日本の駆逐艦村雨、オーストラリアの駆逐艦アルンタ、米海軍のP-8監視機も参加しました。 リハーサルの正確な場所は発表されていません。

米国、日本、オーストラリアの軍艦は3月15日に東海で訓練を実施します。 写真: 米海軍

CPFによると、この演習は、共通の海上安全保障の優先事項と懸念に対処し、相互運用性とコミュニケーションを改善し、相互に有益な関係を築き、より自由でより開かれたインド太平洋を支援する航行の自由を促進することを目的としています。

この演習には、海上安全を維持するための集合的能力の構築と、同盟国間の地域のあらゆる不測の事態に対応する準備が含まれます。

「この3部構成の演習は、海軍間の強い絆を再確認し、同盟とパートナーシップの重要性を強調している」と、モムセンの指揮官であるエリック・ロバーツ中佐は述べた。 「実地訓練を通じて、戦術スキルと三国間の協力を向上させています。」

米国は最近、航行の自由をより頻繁に行うために南シナ海に船を派遣しましたが、ワシントンの同盟国もまた、中国との競争が激化する中、この地域での軍事的プレゼンスを高めています。

フエンル

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。