石油価格が再び上昇するにつれて、米国とアジアの株式は下落する

トレーダーは常にウクライナからの最新ニュースをフォローしています(画像:NYSE)。

ダウ工業株30種平均は448.96ポイント(1.3%)下落して34,358.50になりました。 S&P 500指数は1.2%下落して4,456.24になりました。 ナスダック総合指数は1.3%下落して13,922.60ポイントになりました。

アジア太平洋の株式市場は今朝のセッションを開始し、石油価格が再び上昇したためにも下落しました。 日本の日経225指数は、初期の取引で1.23%下落しました。 東証株価指数は1.02%下落しました。 韓国のKospi指数も0.73%下落しました。 オーストラリアでは、S&P / ASX 200指数は早朝に0.18%下落しました。

トレーダーは常にウクライナからの最新ニュースをフォローしています。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、紛争が膠着状態に達しているように見えたため、ロシアにさらに圧力をかけるよう各国に促した。

昨日の石油価格はわずかに上昇し、WTIは約5%上昇して1バレル115ドルになりました。 ブレント原油の価格も5%以上上昇して121米ドル/バレルになりました。

今朝の午前7時40分現在、WTI石油の価格は115.8米ドル/バレルで取引されています。 ブレント原油の価格は122.5米ドル/バレルに上昇しました。

ロシアとウクライナの紛争が激化して以来、投資家が戦争の石油供給への影響やコロナウイルスの発生などの他の懸念を評価するにつれて、石油価格は大きく変動しました。中国は世界最大の石油消費者です。

米国債の10年物利回りも2.41%を上回り、2019年5月以降は見られません。債券利回りは、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長がインフレに対してより積極的であると約束した週の初めから上昇しています。 先週、FRBは2018年以来初めて金利を引き上げました。

クレセット・キャピタルの最高投資責任者であるジャック・アブリン氏は、「市場は依然として足場を固めようとしている」と述べ、「金利上昇がインフレ、経済、所得に与える影響を評価することは難しい。それに加えて、戦争油を制限する」。 「」

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。