海外のお客様の税金還付手続きを簡素化することを提案する

専門家は、海外からの観光客や海外のベトナム人は、購入した場所で直接付加価値税を還付し、支出を増やすよう奨励することを提案しています。

これは、ベトナム観光フォーラムでベトナム税務諮問協会の会長であるグエン・ティ・クック夫人によって提案された解決策の1つです。4月1日の朝、新しい方向性、新しい行動。

Cuc氏は、ベトナムの外国人観光客による1人当たりの支出の現在のレベルは高くないことを疑問視した。 したがって、商品の購入を促す必要があります。 この問題の解決策は、VATの還付方法を顧客にとってより簡単にすることです。

海外からの観光客を歓迎するために、パイロットプログラムの下で海外からの観光客がホイアンに戻ってきています。 写真: Duy-Hau

現在、ベトナムは顧客が国を離れる前に空港や港で税金の還付を実施しています。 訪問者は、ゼロ評価の製品を販売する指定された店舗で買い物をした後、その店舗は非課税の申告書を発行します。 訪問者は、この請求書を空港、寄港地に持っていき、検査のために税関に返送し、スタンプを押してから、税金の還付のために支払い部門に持っていく必要があります。

「多くの人が急いでいるので、この政策は観光客にとってはかなり不十分だと思います。場合によっては、彼らは飛行機に間に合わないことを恐れて、税金の還付を受けず、ベトナムでの顧客支出に影響を与えました。 、” 彼女が言います。

Cuc氏は、日本を含む他の多くの国と同様に、観光客は商品を購入した場所に直接VATを支払うことを提案しました。 購入後、訪問者は請求書をショッピングモール、スーパーマーケット、店舗の免税カウンターに持参して手続きを行います。 購入した商品と入国書類を確認した後、還付部門はその場で直接現金またはクレジットカードで支払い、税関の確認書にスタンプを押して顧客の出口を確認することができます。

独立した専門家として、Cuc氏は、観光産業には独自の特徴があるため、独自の税制政策が必要であると述べました。 セミナーでは、実際に使用されている土地と使用されていない土地(景観、エコツーリズムなど)を明確に区別するなど、観光事業の土地賃料を調整することも提案しました。 彼女によると、これは遊園地やエコツーリズムなどのビジネスが絡み合う重い負担です。

また、フォーラムでは、専門家や企業が観光業を真にオープンにし、急速な回復を促進するためのソリューションを提供し続けました。 その中には、ビザなしの国のリストを拡大し、eビザの適用を増やし、訪問者のビザなし期間を最大30日に延長するという提案があります。

ランフォン

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。