津波が日本に現れた

気象庁は、トンガでの大規模な火山噴火の数時間後の1月15日から16日の夜に津波が国を襲ったと述べた。

気象庁によると、高さ1.2メートルの津波が1月15日午後11時55分(ハノイ時間午後9時55分)に奄美大島と戸原の南の島々を襲い、最大3メートルの津波の可能性を警戒した。これらの島々。 エリア。

1月15日の夜、南日本の奄美島で津波警報が鳴りました。 ビデオ: Twitter / David Kime

その後、北海道から沖縄までの海岸沿いのいくつかの地域、および高知と和歌山の南西部で1メートル未満の波が報告されました。 他の沿岸地域では津波警報が発令され、住民は浜辺や河口に近づかないように求められた。

全国放送のNHKがスペシャル番組に切り替え、被災地の港から生放送を放送し、住民に高台への避難を呼びかけた。 しかし、画像には明らかな異常の兆候は見られませんでした。

気象庁の関係者は、先にテレビで放映された深夜の記者会見で、気象庁が午後11時以降に1メートルを超える潮の変化を検出したと語った。 彼らはすぐに津波に分類しなかったが、天見住民に避難を促すために津波警報システムを作動させることにした。

南日本の奄美島周辺と鹿児島県のトカラ列島周辺で津波警報(赤)が発令されました。 沿岸地域には推奨事項(黄色)が発行されます。 写真:気象庁。

南日本の奄美島周辺と鹿児島県のトカラ列島周辺で津波警報(赤)が発令されました。 沿岸地域には推奨事項(黄色)が発行されます。 写真: 気象庁

津波は、トンガ島の沖合にあるフンガトンガ-フンガハアパイ火山が激しく噴火し、トンガタプ本島で高さ約1.2mの津波を引き起こした後に日本で発生しました。

火山は1月14日に最初に噴火し、約20kmの範囲で大量の灰を放出しました。 2回目の噴火は本日午後5時26分に発生しました。 津波はわずか4分後に首都ヌクアロファを襲った。

太平洋の両側にある一連の国々は、米国、ニュージーランド、カナダなど、津波警報を発しています。 米国アラスカの国立津波警報センターはハワイで異常に高い波を記録しましたが、いくつかの軽い洪水を除いて被害は報告されませんでした。 専門家は、高さ30〜60cmの波が1月16日(現地時間)の午前7時から7時30分頃に米国の西海岸を襲うと予測しています。

ニュージーランドのオークランド大学の火山学者であるシェーン・クローニン教授は、フンガ・トンガ・フンガ・ハアパイ火山はおそらくまだ活動していないと警告しました。 過去の噴火に基づいて、彼は火山の活動期が数週間から数ヶ月続く可能性があり、1月15日に同じ大きさの噴火がさらにいくつかあることを恐れています。

1月15日、トンガ本島のトンガタプ島の沿岸地域で津波が発生しました。 写真:ツイッターFakailoatongaTaumoefolau。

1月15日、トンガ本島のトンガタプ島の沿岸地域で津波が発生しました。 写真: Twitterの投稿Taumoefolau

フエンル (によると AFPCNA)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。