有名な日本の大学生は、助教によって何度かセックスを強要され、彼の世話をするために「メイド」にならなければならなかったと非難されました。

2022年4月10日日曜日14:00(GMT + 7)

この学生は、准教授が彼のコースの学術顧問であるため、彼は彼の要求をあえて拒否しなかったと言いました。

最近、日本のメディアは、早稲田大学(東京市新宿区北部にある日本とアジアの主要な私立大学の1つ)の25歳の博士課程の学生がその学校の既婚の准教授を訴えたと報じました。 長年性的虐待を受け、750万円(約14億ドン)の補償金を要求した。

学生は3月25日にオンライン電話で弁護士と協力しました。 写真:知乎

この男子生徒はアメリカで日本人の父親とアメリカ人の母親の間に生まれたことが知られています。 2014年に早稲田大学に入学し、2018年に修士号を取得し、2021年に博士号を取得する予定です。

彼の研究中、彼は准教授にメンター、メンター、ガイドとして受け入れられました。

学生は、2017年3月から11月まで、国際学会に参加するために4回海外を旅行し、そのたびにこの准教授から部屋を共有するように手配され、性的行為を強制されたと述べています。

この学生は、彼は当時20歳であり、准教授は彼のコースの学術顧問であったため、彼の要求をあえて拒否しなかったと述べました。

さらに、男子学生は、個人の家、実験室、ホテルなど、さまざまな場所で准教授とセックスをしなければならないことが多いと述べました。 関係は2018年の夏まで続きました。

それだけでなく、准教授は彼に放課後子供を迎えに行き、宿題をして夕食を作るように案内するように頼んだ。

学生によると、彼は何年にもわたって痛みと苦痛を抱えて生きなければならず、それが心的外傷後ストレス障害(PTSD)につながり、自殺念慮を持っていました。

2021年3月、学生は早稲田大学に事件を報告する勇気を奮い立たせたが、准教授はそれを否定した。

その年の7月、早稲田大学のハラスメント防止委員会は、准教授が「ハラスメントなどの違法行為を行っていなかった」と結論付けました。

結果に不満を持った生徒は学校に来て、学校に別の調査を依頼しました。

早稲田大学政治経済学部の野口晴子教授の協力を得て、2021年8月に第三者委員会が設立されました。

この調査の間に、准教授は、この学生に彼女の子供の世話をするように頼んだことに加えて、出張中に彼女の学生と部屋を共有したことを認めました。 しかし、彼女は二人がセックスをしたことを否定した。

男子学生は最終的に准教授と大学を法廷に連れて行った。 早稲田大学は、准教授の言うことを一方的に受け入れただけだと彼は考えている。

「早稲田大学のハラスメント防止委員会と第三者委員会による調査は不公平だ」と学生は語った。

早稲田大学は3月25日、学校のキャンパスでの嫌がらせやその他の違法行為を許可または容認することは決してないと述べ、この事件に対応した。 したがって、学校は明確で中立的かつ公正な調査を実施します。 准教授の行動が違法であると裁判所が判断した場合、学校は最も厳しい罰則を適用します。

最後になりましたが、生徒、保護者、その他の関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

出典:https://doisongphapluat.nguoiduatin.vn/dspl/nam-sinh-dai-hoc-noi-tieng-nhat-ban-to-bi-nu-pho-gia …

アメリカ:ビキニ姿の男の子が挑発的に踊るのを見ると市長が困る

セクシーなビキニと男子生徒の「お尻の踊り」の前で、高校の校長兼ハザード市長のケンタッキー州(米国)は立ち止まらず、「見事に…

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。