時速130kmの貨物ドローンの設計

CCY-01ドローンは、推進力を生み出すために6つの円筒形ファンを備えており、40kmの距離で45kgの貨物を運ぶことができます。

CyclotechとYamatoは、CCY-01カーゴドローンの設計で協力しています。 写真: サイクロテック/ヤマト

Cyclotech(オーストリア)は海運会社Yamato(日本)と協力して、Cyclotechの推進システムを使用した独自のドローンモデルを開発しています。 興味深いエンジニアリング 4月14日発表。 ドローンモデルはCCY-01と呼ばれ、Cyclotechの6人のユニークなCycloRotorファンのおかげで飛行しています。 同社は、CCY-01は、極端な風の状態を克服しながら、狭いスペースに正確に着陸できると主張しています。

Cyclotechの円筒形ファンは高速で回転しますが、一部のブレードは直接推力のために角度を変更します。 昨年、Cyclotechはシステムの最初の無料テスト飛行を実施しました。これにより、空飛ぶ乗り物は推力をすばやくリダイレ​​クトできます。 このテストでは、4つのCycloRotorファンの配置により、飛行車両は従来のドローンではなく、車輪付きの空飛ぶ車のように見えます。

CCY-01はYamayoによって設計されたPUPAクレートを搭載しています。 写真:Cyclotech / Yamato

CCY-01はYamayoによって設計されたPUPAクレートを搭載しています。 写真: サイクロテック/ヤマト

CCY-01は、後部に対して90度の角度で2つのCycloRotorを追加します。 これにより、ドローンは傾くことなく水平方向の推力を生成し、風の強い状況での安定性をより良く維持することができます。 また、安全性を高めるために2つの予備の垂直スラスターがあります。

CCY-01は山陽が設計したPUPAカーゴタンクを搭載しています。 大和はPUPAのいくつかのバージョンを開発していますが、CCY-01のバージョンは、約30kgの商品を収容できるカートとして機能します。 カーゴボックスは金属棒で底に固定されています。 飛行中、CCY-01は前方に傾いて抗力を減らし、PUPAを翼として使用できます。

Cyclotechによると、CCY-01の耐荷重はPUPAを含めて45kgです。 それは時速約130キロの速度で40キロまで飛ぶことができます。 ただし、このドローンモデルは設計コンセプトの段階にあり、実際にはまだ構築されていません。

木サオ (テオ 興味深いエンジニアリング)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。