明治天皇は日本の改革を決意した

明治天皇は、植民地主義が強まる中、西洋帝国主義国の植民地になる危険を回避し、日本を近代的で強力な国に改革し、変革しました。

彼が即位したとき、日本は基本的に後進的な農業国であり、何百年も前に鎖国政策を実施し、臆病で外国を恐れ、アメリカ、イギリス、フランスなど多くの西側諸国から拒絶されました。 、オランダ、ロシア…一連の不平等条約への署名を余儀なくされました。

世界の知識の架け橋、自律性、自律性

1868年に天皇に戴冠したときの「5つの誓い」から、彼は国を改革し、上昇するために外部から学びたいという彼の願望を示しました。

– 会議を広く開き、世論によって数十万の仕事が決定されます。

– 上と下、心を一つにして、国の問題を解決しようとしています。

– 一般人から一般人まで、一方的な武道は満足し、人々の心を焦り、熱狂させます。

– 長い間蓄積されたすべての悪い習慣を取り除き、天と地の正義に従って、自律を維持するよう努めてください;

– 世界中の知識人を集め、国を強く輝かしいものにしましょう。

明治天皇は日本を強力で近代的な国家に改革し、変革しました

1871 年、明治は西側諸国を研究するために大規模な代表団を派遣し、2 つの使命を持っていました。 2つ目は、西洋諸国から学び、学び、それを国内で適用することです。

代表団は合計で約 22 か月かかりました。そのうちの最長は米国でした – 10 か月、残りは英国、ドイツ、オランダ、フランス、イタリアなどの国に行きました。 、代表団は彼をミンに紹介しました。 最初の使命に対する答えは、日本が西側諸国と締結した条約は変更できないということです。

日本が行かなければならない唯一の方法は、立ち上がって、西洋諸国のように自給自足し、自給自足になることです。そうして初めて、これらの条約を廃止することができます。 同時に、多くの分野における各国の一連の知識、理解、経験が代表団によって認識され、後に明治政府によって日本に適用されました。イギリスとドイツの。

1882 年、日本国憲法の草案作成を目的として、ヨーロッパ諸国に代表団が派遣され、各国の憲法と法律を調査しました。

明治自身も独学で師匠に教えられ、フランスの政治や法律、ドイツの法律など、西洋諸国の分野で多くの知識を広めました…

明治天皇の海外経験に学ぶ改革の政策と施策は、次のように述べることができる。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。