日米は無人技術の6G規格で協力

パートナーシップの目標は、中国企業が自動運転車や完全自動化された工場を含む計画された分野を支配することを防ぐことです。 日本の内務通信省は、2022年9月末までに企業に特別な提携を呼びかけ、携帯電話や通信機器、自動車、ドローン、時計製造などの幅広い産業を誘致する可能性があります。 この提携により、ソフトウェアに強い米国のパートナーを招待し、海外展開に参加することもできます。

6Gネットワ​​ークは2030年頃に広く採用されると予想されています

同盟は、2025年度までにオンチップ原子時計技術を商品化することを計画している。原子時計はセンサーとして機能し、リアルタイムの遠隔制御に不可欠であると考えられている。 自動化された車両やドローンに原子時計を追加すると、GPS衛星の原子時計と同じように、正確な時刻と場所を特定するのに役立ちます。 6Gネットワ​​ークは2030年頃に広く採用されると予想されています。

\いいえ

Huawei Technologies、ZTE、Alibaba Group Holding、Tencent Holdingsなどの中国の大手テクノロジー企業は、無人の6Gテクノロジーを国際標準にすることを目指しています。 Nokia、AT&T、NTT Docomo、KDDI、Densoなどの日本企業も同様のイニシアチブを発表しています。 彼らは、第6世代通信ネットワークの国際標準を設定するための競争で中国のライバルと競争します。

日本は、研究開発(R&D)とパイロットテストに部分的に資金を提供します。 支援は2022年度から4年間提供される。情報通信研究機構が開発した特殊半導体を新たに同盟に供給することを検討する。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。