日本脳炎のワクチンにはどのような種類がありますか?

日本脳炎は危険な感染症です。 しかし、この感染症はワクチン接種によって特異的に予防することができます。 では、日本脳炎のワクチンにはどのような種類があるのでしょうか? 皆さん、次の記事で Thu Cuc TCI と一緒にこの問題を探ってみましょう。

1.日本脳炎

日本脳炎は、日本脳炎ウイルス(JEV)によって引き起こされます。 これは、アルボウイルスグループ、トガウイルス科、フラビウイルス属に属するウイルスで、デング熱に関連しており、これも危険で一般的な急性感染症です。 日本脳炎ウイルスは熱に耐性がないことがわかっています。 摂氏 56 度で 30 分間、摂氏 100 度で 2 分間、それらは不活性化されました。

JEVウイルスはデング熱に関連しており、日本脳炎も蚊、ここではアカイエカ(野蚊)によって伝染します。 その結果、アカイエカが日本脳炎の主な自然発生源である家畜/家禽(通常は野鳥や豚)を刺し、さらに子供を噛むと、子供がJEVに感染して日本脳炎を発症する可能性があります。

アカイエカは日本脳炎を媒介する蚊

子供が日本脳炎にかかると、中枢神経系に重篤な感染症が起こります。 中枢神経系はあらゆる生命活動の源であるため、その感染症の治療は非常に困難な作業です。 実際、日本脳炎患者の死亡率は約30%、日本脳炎患者の後遺症が残る割合は約50%です。 世界保健機関 (WHO) のこれらの統計は、この真実を最も視覚的に証明しています。

日本脳炎の後遺症については、次のことが確認できます。 そのほとんどは、精神障害、てんかん、麻痺など、中枢神経系に関連した極めて重篤な後遺症です。これらの後遺症は、日本脳炎を軽減したり、引き起こしたりするものです。完全に労働能力を失うことになります。 患者は家族や社会にとって負担となる。 これらの後遺症に加えて、日本脳炎は、気管支炎 – 肺炎、腎盂腎炎 – 膀胱炎、代謝障害など、それほど怖くないが完全に無害というわけではない多くの他の後遺症を引き起こします。これらの後遺症を抱えて生きなければなりません。 、子供の生活の質も多少なりとも悪影響を受けます。

したがって、日本脳炎の予防は非常に必要です。 現在、この危険な感染症はワクチン接種によって具体的に予防することができます。

2.日本脳炎ワクチン

2.1. コンセプト

日本脳炎ワクチンは、日本脳炎に対する能動的な免疫反応を引き起こすことができるワクチンです。 したがって、ワクチンの役割は、体内に導入されると、免疫系を刺激して、日本脳炎ウイルス(JEV)を破壊する抗体を産生することです。

2.2. 質問に答えてください: 日本脳炎に対するワクチンの種類は何ですか?

現在、ベトナムでは、ImojevとJevaxという2つのワクチンのおかげで日本脳炎が予防されています。 これらの日本脳炎ワクチンはどちらも厳格な研究と試験を経て、広く使用することが認可されています。 したがって、Imojev を選択しても Jevax を選択しても、感染症である日本脳炎から効果的かつ安全に保護されます。

日本脳炎のワクチンにはどのような種類がありますか?

ベトナムでは、Imojev と Jevax という 2 つのワクチンのおかげで日本脳炎が予防されています。

2.2.1. イモジェブワクチン

イモジェブは、世界有数の製薬グループの一つであるサノフィ・パスツール(フランス)が製造する新世代ワクチンです。 イモジェフは迅速かつ長期にわたる免疫を生み出し、多くの場合、専門家によって生後9か月の子供および成人に処方されます。

Imojev には次の注入スキームがあります。

– 注射スケジュール: 2 回の注射。 その場合: 2 回目の接種は 1 回目の接種から少なくとも 12 か月後に行われます。

– 投与量: 0.5ml/鼻。

– 投与経路: 皮下に注射します。

2.2.2. ジェバックスワクチン

Jevax は、Vabiotech によって製造された高品質のベトナム製品です。 Imojev とは異なり、Jevax は 12 か月からの子供と大人に適しています。

Jevax には次の注入スキームがあります。

– 注射スケジュール: 複数回の注射。 その場合: 2 回目の注射は、最初の注射から 1 ~ 2 週間後に行われます。 計画 3 は、計画 2 の少なくとも 12 か月後に行われます。残りの注射 (ブースター注射) は、15 歳になるまで 3 回の注射の間隔と 3 年の間隔をあけて行われます。

– 用量: 3 歳未満のお子様は 0.5 ml/鼻、3 歳以上のお子様は 1 ml/鼻。

– 投与経路: 皮下に注射します。

2.2.3. Jevax を Imojev に変換

– Jevax の 1 回目の注射を受けた場合は、次のスケジュールに従って Imojev の追加注射を 2 回受けます。 1 回目の注射は、Jevax 注射の少なくとも 2 週間後に行われます。 2 番目の計画は、最初の Imojev 計画から少なくとも 12 か月後に行われます。

– Jevax の 2 回目の注射を受けた場合、Imojev の追加注射を受けます。この注射は、Jevax の 2 回目の注射から少なくとも 12 か月後に行われます。

– Jevax の 3 回目の注射を受けた場合は、Imojev の追加注射を受けます。この注射は、Jevax の 3 回目の注射から少なくとも 12 か月後に行われます。

2.3. 日本脳炎ワクチン接種後の反応まとめ

日本脳炎ワクチン接種後は、予防接種センターで30分間、自宅で48時間(特に夜間)経過観察が必要です。 次のような症状が現れた場合は、微熱(38~38.5℃)、悪寒、痛み、少しのかゆみ、注射すると少し熱いなど、通常の症状ですので、ほとんどは1~2日で治まりますのでご安心ください。 サイト、いつもより食べる量を減らすなど。 この時点で、以下を管理する必要があります。

– 柔らかく、ゆったりとした、汗を吸収する衣服を着用してください。

– 毎日の栄養補助食品。 さらに、フルーツジュース、薄いお粥などをより多く飲むことができます。

日本脳炎ワクチン接種後はフルーツジュースを多めに飲むようにしましょう

日本脳炎ワクチン接種後はフルーツジュースをもっと飲むべきです

– 発熱が 38.5 度を超えた場合: 衣服を脱ぎ、額、脇の下、鼠径部に温湿布を貼り、解熱剤を使用します (4 ~ 6 時間ごと、24 時間ごとに 4 回を超えて使用しないでください)。

・注射部位等に塗布したり、塗布したりしないでください。

次の異常な症状が現れた場合:39℃以上の高熱、けいれん、だるさ、眠気呼吸困難、速く浅い呼吸、喘鳴、青白い肌。 発疹、唇の腫れ、まぶたの腫れ。 嘔吐、下痢、腹痛;…; 直ちに最寄りの信頼できる医療機関に連れて行き、適時の検査と治療を受ける必要があります。

そこで、Thu Cuc TCI は記事の中で、日本脳炎ワクチンの種類についての質問に対する答えを共有しました。 それでも懸念がある場合は、すぐに Thu Cuc TCI に連絡して、詳細な回答をすぐに得てください。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です