日本海を240km移動する大型自動フェリー

長さ222mのソレイユフェリーは、伊予灘海での自律試験で最高速度48km / hに達し、ドッキング自体も行った。

サンフェリーは日本海を自動的に運航しています。 写真: 日本財団

日本の伊予灘海を世界で初めて、全長222メートルのフェリーが自動的に航行し、240キロを航行します。 ソレイユという名前のフェリーは、ドッキング操作自体も実行します。

ショーは、三菱造船会社と新日本海フェリー会社が開発した技術によるスマートコースタルフェリープロジェクトの一環として、1月17日に開催されました。 このプロジェクトは、日本財団によるめぐり2040自動列車ナビゲーションシステムと呼ばれるより大きなプロジェクトの一部です。

ソレイユは昨年7月1日に最初に運用され、乗組員によって操縦されました。 新門司と伊予灘エリアの間の240キロメートルにわたる数回の7時間の旅で、フェリーのSuperBridge-X自動ナビゲーションシステムはルートデータを集約しました。 1月17日の放送は、このシステムのみが制御されたのは初めてでした。 乗車中、ソレイユは最高速度48 km/hに達しました。

GPSとは別に、ナビゲーションシステムは、他の船舶(昼と夜)を検出して回避するためにいくつかの赤外線カメラ、すべてが正しく機能していることを確認するためのエンジン監視システムも使用します。 さらに、ソレイユには自動ドッキングおよび下船システムが装備されており、回転および後進が可能であるため、ドッキングおよび出発が容易です。

三菱によると、このような技術の開発により、海上安全性が向上し、乗組員の労力が削減され、運用コストが削減されます。 メグリ2040プロジェクトの他の公演も1月から3月に行われます。

木サオ (によると 新しいアトラス)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。