日本最大のエンターテインメント帝国、500人近くの未成年者が関与したセクハラスキャンダルで解散

10月3日、日本の放送局NHKは、500人近くの被害者が勤務中にセクハラ被害を報告したため、エンターテインメントグループであるジャニーズ事務所が61年間の事業に幕を閉じなければならなかったと発表した。

その結果、478人が被害者支援委員会に、同社の創業者であるジャニー喜多川元社長から数十年にわたり性的虐待を受けていたとして告訴状を提出した。 このうち325人が会社に補償を求めた。

ジャニー喜多川氏は2019年に逝去したが、その遺志は孫娘の藤島ジュリー景子氏が引き継ぐことになった。

10月2日の記者会見で、ジャニーズ事務所の現取締役会が解散し、新会社スマイルアップを設立することを発表した。 スマイルアップは若手人材のマネジメントや育成活動は一切行っておらず、被害者への補償のみに注力している。 また、現在のジャニーズ事務所のインターン生も新会社へ移籍する。 スキャンダルを受けて、以前の所属事務所を離れることを決めた先輩アーティストもいた。

かつては音楽産業の発展で栄誉を与えられた日本の芸能界の「ゴッドファーザー」であるジャニー喜多川氏は、今では青髭の悪魔となった。

ジャニーズ事務所の取締役会は元社長の犯罪を隠蔽したとして批判されている。 日本はこのスキャンダルを調査するために別の評議会を組織する必要があった。

元ジャニーズJr.の岡本カウアン氏は4月、北川氏が2012年から2016年までの事務所との契約期間中に15~20回性的暴行を加えたと告発した。

岡本氏は、北川氏のJ-POP業界、特に自身の会社であるジャニーズ事務所における影響力が強いと語った。 ボスはその権力を利用して、岡本氏の知り合いの少なくとも3人を襲撃した。 カウアン・オカモト氏の告発を受けて、日本の当局は捜査を開始した。

NHKによると、これは日本の芸能界史上最大の不祥事だという。 不祥事を受けて、多くの企業がジャニーズ事務所との協力を再考した。 ジャニーズ事務所のアーティストは知名度を失い、映画の上映が延期されただけでなく、エンターテインメントのイベントや番組への招待も受けられなかった。

ジャニーズ事務所は、SMAP(左)、嵐(右)、KAT-TUN、Hey!など日本のトップ音楽グループを形成しています。 酔っ払い! 飛躍。 彼らは演劇活動も行っており、数千万人のファンを持つアーティストであり、アジア全域で有名です。

Johnny & Associates は、「ジャニーズ」と呼ばれる男性アイドル グループの結成を専門とする、日本の大規模で影響力のあるアーティスト マネジメント会社です。 同社の音楽グループやアーティストの多くは、数千万人のファンを持つ A リスト アーティストです。 代表的なスターには、SMAP(日本一のハンサムな男、木村拓哉のグループ)、TOKIO、Kinki Kids、V6、嵐(映画流星花園の主人公である松本潤がメンバー)、タッキー&翼、 NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! 酔っ払い! 飛躍。

ミン・ヴー

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です