日本企業の20%以上がロシアでの事業を停止


ニュースウクライナの緊迫した状況に直面して、日本の上場企業の約20%は、制裁の悪影響を懸念してロシアでの活動を停止しました。

この傾向は、ウクライナの緊張が引きずり続けているため、成長し続ける可能性があります。

帝国データバンクの調査によると、3月15日現在、ロシアで事業を行っている日本企業168社のうち37社(22%)がロシアでの活動を停止することを決定しました。
具体的には、ロシアには、商品の輸出に関連する「貿易を停止する」企業が22社、生産を停止する企業が7社、店舗の「貿易を停止する」企業が4社あります。

多くの企業は、操業停止の理由は、経済制裁の影響による部品やスペアパーツの供給と輸送の混乱に起因すると考えています。
調査報告によると、アップルやイケアなどの大企業など、人道的な理由でロシアでの活動を停止することを決定したアメリカやヨーロッパの企業の規模と数と比較して、日本企業は外出する傾向がありますビジネスの少ないです。

これは、日本企業が批判され、事業の見通しがより困難になるリスクにつながる可能性があります。
ある調査会社は、「この状況が続くと、ロシア連邦の「イメージ」を確保するという観点から、ロシアでの事業停止を決定する日本企業の数が増えることが予想される」と述べた。 。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。