日本人ビジネスマンからのスマートホームをアメリカに持ち込むアイデア|LocoBee Travel Channel

オレゴン州ポートランドでは、シリコンバレーのスタートアップが米国で「次世代スマートホーム」を構築するプロジェクトに着手したホンマタケシという日本人ビジネスマンが、問題解決者であるだけでなく、イノベーター。

アートワーク

2016 年、41 歳で日本の e コマース大手の楽天グループ株式会社の管理職を辞任し、本間グループ株式会社を設立しました。幼い頃から家づくりに情熱を傾けてきた本間さん。

彼は最近のインタビューで次のように語っています。

ホンマ グループがオレゴン州ポートランドに建てた 2 階建ての賃貸住宅では、誰かが家に続く階段を上ると、天井と手すりのライトが点灯します。 家全体に設置された約30個のセンサーが動きを感知し、すべての照明が自動的に制御されます。

ホンマグループの建築部長である井上亮氏は、「私たちは、壁の照明スイッチに触れなくてもよい生活を実現しました。 この家は、照明を自動的にオン/オフするだけでなく、時間帯に応じて所有者の日常生活に合わせて明るさとトーンを調整できます。

スマートホーム

アートワーク

本間さんは、自動照明のある家は、子供が何度もトイレの電気を消し忘れるなどの不満を軽減するのに役立つと考えています.

「電気を消し忘れる子供に親は怒るでしょう。 どこの家でも起こりえます。 そもそも明かりをつけっぱなしだと電気代が高くなりますが、自動で制御すれば節電できます」と本間さん。

2016 年に Homma Group を設立した後、日本の起業家は、テクノロジーとイノベーションのグローバル ハブであるカリフォルニア州シリコン バレーに会社の事業を集中させました。 本間氏は、家系が建設と建築に関連していたこと以外に、米国の住宅建設市場に目を向けた理由が 2 つあると説明しています。

47 歳の本間は、2012 年に楽天のマネージング ディレクターに任命され、シリコン バレーの本社でグローバル デジタル コンテンツのビジネス戦略を提供する責任を負いました。 . 彼は、電気自動車に革命をもたらしたテスラや、タクシー業界に新しいソリューションをもたらした配車サービスのウーバー テクノロジーなど、イノベーションを通じて古い業界を再考するのに役立った IT スタートアップの出現からインスピレーションを得ています。

これにより、大学時代にウェブ デザイナーとしてスタートアップを率いてから約 20 年後に、彼は起業家精神に戻るようになりました。 「普通の稼ぎ手のように平穏な生活が必要だと思っていましたが、多くのイノベーションで未来を創造する必要があると判断しました」と彼は言いました。

最後の理由、そしておそらく最も重要な理由は、ホンマが米国の住宅市場に問題があると考えていることです。 住宅は断熱性が高いなど日本の住宅に比べて優れているが、住宅の効率化は進んでいないと本間さんは言う。

プレハブのバスルームやキッチンシステムはアメリカでは珍しく、建築業者が現場で作ることが多いため、アメリカでは日本で1年かけて家を建てるのに通常2~3年かかる。
本間氏はさらに、アメリカの建設業者は保守的な考え方をする傾向があるため、新しい材料や設備をできるだけ使用することを避け、建物自体だけに注目し、テクノロジーにはほとんど関心がないと考えていると説明します。

住宅の寿命が比較的短く、解体して一から建て直す日本とは異なり、米国では古い住宅を修復して住む。 したがって、所有者が「スマートハウス」を作成したい場合、さまざまなデバイスを購入してインストールすることで、それを近代化する必要があります。 これらのデバイスを操作するためにスマートフォンに大量のアプリをダウンロードしなければならないことは、事態を複雑にするだけだと本間氏は言います。

「したがって、効率的な日本の建築慣行を取り入れることで、米国の住宅建設にコンピューティングを導入する絶好のビジネス チャンスが得られると思います」と Homma 氏は述べています。 .

コロナのパンデミックにより、リモートワークがより一般的になり、人々は自宅の多機能性を改善する方法をますます探しています. ポートランドの 2,230 平方フィートのコミュニティ開発には 18 のエリアがあり、Wi-Fi を備えた中庭があり、居住者は戸外で屋外で仕事をすることができます。

スマートホーム

アートワーク

賃貸住宅のノウハウを活かし、分譲建築の開発を加速するホンマグループは、「スマートホーム」技術の他社への提供も計画している。

「パンデミックの間、人々はプライバシーを保護しながらオープンスペースにとどまる必要があるため、家に物を保管する必要性が変化しました」と彼は言いました.

本間グループは現在、住宅価格の下落と不況の可能性につながる金利環境の悪化による需要の減少の中で、米国の住宅業界に革命を起こすという挑戦に焦点を当てています。

この LocoBee の記事をどのように見つけますか? そんな「スマートホーム」を所有したいですか? LocoBee の興味深い記事をお楽しみに!

解説に参加するには、LocoBee メンバーにサインアップしてください – 無料です!

ロコビー会員登録

大阪とつくばが日本の二大都市になる

日本のビジネスマンや政治家は、京セラ株式会社の創業者が去ったことについて何と言っていますか?

ソース: 毎日新聞

発売元:ロコビー

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。