日本はModernaのブースターワクチンを正式に承認しました

医療スタッフは、東日本の茨城県で人々にCOVID-19ワクチンを提供しています。 写真:共同通信/ VNA

この決定は、日本の厚生労働省(MHLW)の専門家が18歳以上の人々にモデルナのワクチンの追加接種を推奨した翌日に行われます。 これは、Modernaワクチンの1回目と2回目の接種が職場の予防接種現場で広く展開されている時代です。

したがって、Modernaのワクチンは、Pfizer / BioNTechに続く、18歳以上の日本人のブースターとして使用される次のワクチンになります。

厚生労働省の関係者によると、この試験の結果は、モデルナのワクチンを低用量で3回接種してから1か月後、中和抗体のレベルが注射後1か月よりも70%高かったことを示しています。

厚生労働省は、2022年6月までに、日本は少なくとも9750万回分のモデルナワクチンを接種すると述べた。 MHLWは、2022年3月以降の職場の予防接種プログラム、および医療施設や大規模な予防接種サイトで、Modernaのワクチンを使用する予定です。

現在、日本政府は、ModernaワクチンとPfizer/BioNTechワクチンの両方を使用してリコールを加速しています。 ブースター用量は2回目の注射から6か月後に投与されます。12月15日だけで、日本は93,000のブースターにファイザー/バイオエヌテックワクチン、つまり人口の0.1%に相当するワクチンを注射しました。

一方、アメリカの製薬会社Novavaxは、日本の規制当局に、タンパク質技術に従ってメーカーのワクチンを使用する許可を申請しました。つまり、SARS-CoVウイルスを運ぶタンパク質を使用します。免疫反応。

Novavaxは、日本の製薬会社武田薬品が日本でワクチンを自家生産できるように技術移転手続きを実施しており、2022年初頭に配布する予定です。武田薬品は独自のワクチンを製造できると述べました。西日本と日本政府に1億5000万回分を供給する契約を締結しました。 同社はまた、国内でのモデルナのワクチンの輸入と流通も担当しています。

これまでのところ、NovavaxのCOVID-19ワクチンは、インドネシアとフィリピンによって緊急使用が承認されています。

比較的ゆっくりとしたスタートの後、日本は人口の80%近くに完全にワクチンを接種しました。これは世界の主要先進国(G7)の中で最も高い割合です。

8月に第5波の感染症が発生した後、日本での新しいCOVID-19の症例数は大幅に減少しました。 専門家によると、日本のワクチン接種の取り組みは、ワクチン接種を受けた人の抗体レベルを維持しながら、新しい症例の数を低く抑えるのに役立ったとのことです。

先週、日本の後藤茂之保健相は、最初の2回の注射のように8か月の遅延ではなく、できるだけ早くブースターショットを実施する必要があると述べました。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。