日本はCovid-19販売緊急事態を解除するために設定

日本は、国内のCovid-19が冷え込む中、来週初めに非常事態宣言を解除する予定です。

東京、千葉、神奈川、埼玉、および大阪と京都を含む他の18の地域の隣接する都道府県は、3月22日にCovid-19の制限を終了します。 日本の当局は、1日あたりの新たな感染数の減少という文脈でこの決定を下しました。

日本は、オミクロン株の蔓延の中で、今年初めに36都道府県に非常事態を課した。 これらのうち、18の地域が制限措置を2回延長しました。

しかし、日本の野党は、伝染性の高いオミクロングループのサブタイプ株であるBA.2が医療システムに圧力をかけていることへの懸念の中で、制限を完全に解除するのは時期尚早であると主張している。

立憲民主党(CDPJ)は、非常事態宣言を解除する決定は安全の宣言とみなすことができると述べ、パンデミックが学年の初めに始まる4月にCovid-19が再び現れる可能性があると警告した。日本の新しいビジネスシーズン。

一方、岸田文雄首相は3月16日、次の移行期間中は可能な限り注意を払うよう人々に助言した。

人々は3月16日に東京の銀座の街を歩きます。 写真: 日経

半緊急事態により、当局はレストランやバーを早期に閉鎖し、アルコールの提供を停止するように命令することができます。 準緊急事態の範囲と制限は、非常事態宣言の範囲と制限よりも狭いです。

内閣府の黄川田仁志氏は、「新たな感染数と病院への圧力は低下している」と述べた。 「健康への対応策を維持・強化すると同時に、社会経済活動を回復させることが重要です。」

日本政府は、従業員がnCoVに感染した人々と接触した場合に備えて、ウイルスの拡散を防ぐための適切な対策を講じていれば、企業に職場での感染源の特定を要求することをやめる予定です。

日本は過去24時間で57,922件の追加感染と163人の死亡を記録し、合計で591万件の感染と26,000人の死亡をもたらしました。 3月17日、東京は8,461件の新規感染を報告しました。これは、先週の1日あたりの平均症例数よりも1,600件少なくなっています。

デューク・チュン (によると 日経、ジャパンタイムズ)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。