日本は5-11歳の子供のためにCOVID-19ワクチンを展開します

日本の東京にあるCOVID-19ワクチン接種サイト。 写真:AFP / VNA

日本政府は、この年齢層の子供たちにファイザー/バイオエヌテックCOVID-19ワクチンを使用しており、12歳以上の子供たちの3分の1の用量に相当します。 計画によると、日本政府は5月までに全国の医療機関に約1200万回分のワクチンを提供し、子供たちに注射する予定です。

現在、日本政府は5歳から11歳までの子供に予防接種を行うための「協力義務」を定めておらず、予防接種には家庭内の親または保護者の同意が必要です。 日本の厚生労働省はまた、ワクチンの有効性と安全性のデータに関する情報を完全に伝えるために多くの対策を実施していると同時に、両親と保護者にスピークの医療専門家にワクチン接種についての決定を与えるように促しています。 さらに、同省は、これらの被験者の重篤な合併症のリスクが高いことを懸念して、基礎となる呼吸器疾患のある子供へのワクチン接種も求めています。

日本の厚生労働省の統計によると、2月17日の時点で、国は人口の79%に合計2億1764万回のCOVID-19ワクチンを接種しています。 ; 1億人以上が両方の注射を完了し、1690万人以上がブースターショットを完了しました(人口の12.64%)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。