日本は老化した細胞を排除するのに役立つワクチンの開発に成功しました

チームによると、「ゾンビ」細胞は分裂を停止したが死んでいない細胞です。 それらは炎症を引き起こす物質を放出することによって近くの健康な細胞に損傷を与えます。 チームは、ヒトとマウスの「ゾンビ」細胞のタンパク質を特定し、そのタンパク質を構成するアミノ酸に基づいてペプチドワクチンを作成しました。 このワクチンは、体が「ゾンビ」細胞に付着する抗体を作成するのを助け、これらの老化した細胞は白血球によって排除されます。

チームが実験用マウスに動脈硬化症のワクチンを接種したとき、多くの「ゾンビ」細胞が殺されました。 さらに、このワクチンを老化したマウスに投与した場合、老化プロセスは未処理のマウスよりもゆっくりと進行した。 チームは、ワクチン接種されたマウスのグループの「ゾンビ」細胞の数が、動脈の硬化によって影響を受けた領域で大幅に減少したことを発見しました。

研究チームの一員である順天堂大学の南野徹教授は、「このワクチンが動脈硬化症や糖尿病などの加齢性疾患の治療に応用されることを期待している」と語った。 。

研究チームによると、抗がん剤など、老化細胞の除去を助けるために現在使用されている多くの薬は、負の副作用を引き起こす可能性があります。 ただし、この新しいワクチンの副作用は少なく、ワクチンの効果は長持ちします。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。