日本は突然パンデミックの「死の門」を脱出した

オリンピック後の大発生に対処してからわずか2か月後、日本は1年以上で最も少ない感染数を記録しました。

東京オリンピックが終わって数日後、日本はCovid-19の「災害」に苦しんでいるように見えました。 8月13日、イベントを主催する都市である東京は、主にデルタ株が原因で、記録的な5,773件の新たな感染を報告しました。 全国で1日あたり25,000件以上の新規症例が記録されています。

感染症の急増は、一部の反オリンピック市民の怒りを増しています。 病院は過密状態に陥り、ベッドが不足し、nCoVの検査で陽性となった何千人もの人々が自宅でセルフメディケーションを余儀なくされました。

当時の菅義偉首相は、パンデミックへの対応についての支持率が低く、批判が広まっている中、再選に立候補しないと発表した。 首都や他の地域での非常事態宣言は、ほぼ6か月間延長され続けなければなりません。

しかし、2か月後、すべてが変わりました。

先週、東京のレストランは客でいっぱいでした。 写真: AFP

今週、最後の緊急措置が解除されてから2週間近く経った後も、東京と日本全国で新たな感染が減少し続けました。 日本の新たな感染数は1年以上で最低レベルにまで落ち込み、世界第3位の経済大国にとって最悪の事態が終わるかもしれないと多くの人が期待しています。

10月11日、東京は49件の感染を報告し、昨年6月以来の最低レベルでしたが、国全体では369件に過ぎませんでした。 今週の東京での7日間の平均感染数も65.6に減少し、先週から50%以上減少しました。

専門家は、日本でのCovid-19の「逆転」の傾向は、1つの要因だけによるものではないと言いますが、ワクチン接種キャンペーンの成功がCovid-19に直面した日本の驚きの勝利の主な要因であったことに多くの人が同意します。

残念で遅いスタートにもかかわらず、日本はCovid-19ワクチン接種を印象的な公衆衛生キャンペーンに変えました。 東アジアの国は、1億2600万人の70%近くにワクチンを接種しています。

政府は、ワクチンを希望するすべての人が11月までに利用できるようになると述べ、岸田文雄新首相は今週、医療スタッフや高齢者を必要としているスタッフのグループによる注射を12月に開始する計画を発表しました。

専門家によると、もう一つの要因は、日本人の間で長年の習慣であるマスクの普及です。 他の国々では、家庭やその他の場所でのマスクの着用に関する規制が徐々に緩和されていますが、ほとんどの日本人はまだマスクをあきらめるつもりはありません。

多くの人が夏の流行は、特定の場所に行くことを許可されていなくても、多くの人々が休暇中にグループで快適に集まることができたという事実に起因すると考えています。

京都大学の感染症モデラーである西浦博氏は、「休暇中は、久しぶりに会い、一緒に食べたり飲んだりする機会がたくさんある」と語った。

しかし、キングスカレッジロンドンの人口健康研究所の元所長である渋谷健二は、その原因に懐疑的です。 彼は、発生は主に流行の季節的性質とウイルスのいくつかの未踏の特徴に起因する可能性があることを示唆しました。

発生の原因が何であれ、今のところ日本の多くの人々は通常の生活が戻ってきていると楽観視しています。 バーやレストランは再開されましたが、月の残りの期間は早めに閉店することをお勧めします。 駅は再び乗客で混雑し、多くの企業が自宅で仕事をやめました。 州間の移動が簡単になります。

最近の多くの調査によると、日本人は岸田首相が抗ウイルス薬の承認やエピデミックへの対応能力の強化など、公衆衛生を優先することを期待しています。

しかし、多くの専門家は、危険が過ぎ去ったと急いで想定するべきではないと言い、冬が近づき、シーズン中に人々が集まるにつれて、感染の数が再び増える可能性があると警告しています。年末のお祝い。 。

政府の首席医療顧問である尾身茂氏は、「非常事態宣言が終結したからといって、100%自由になるわけではない」と述べた。 「政府は、警戒を徐々に緩める必要があるという明確なメッセージを人々に送りたいと思っています。」

タンタム (テオ ガーディアン)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。