日本は東シナ海での一方的な作戦について中国に「不平を言う」

日本は、東シナ海の紛争海域での一方的な軍事作戦を含む二国間問題を解決するよう中国に「強く要請」している。 (出典:共同通信)

6月23日、外務省アジア海洋局長の船越武弘氏は、中国外務省香港梁の国境海洋局長と電話で話し合った。

船越氏は電話の中で、海上での「一方的な資源開発」について不満を漏らした。

この電話は、中国が東京が提案した両国間のいわゆる「中央線」の西部に新しいガス探査プラットフォームを設置し、両国間の排他的経済水域(EEZ)を分離したことを日本が確認した後に行われました。 )海上での2つの国の。

先週、日本はまた、北京での新築が中央線の中国側の別の場所でのガス探査のためであることを確認した。

日本は、建設中のものを含め、この地域で18のそのような中国の建設を知っています。

さらに、船越は電話の中で、北京が釣魚島と呼んでいる尖閣諸島周辺の日本の海域に中国船が繰り返し侵入する問題を提起した。

船越氏は、5月に中国とロシアの戦略爆撃機が日本の海域を飛行した事件や中国の設計による海洋調査などの「軍事活動の強化」を含む二国間問題の解決を中国に「強く要請」した。オフィス。 今月初めの日本のEEZの船舶。

予期せぬ事件を回避するために自衛隊と中国人民解放軍の間にホットラインを設置する計画に言及し、両国の当局者はそれを促進することに合意した。

世界のニュース6月23日:ウクライナはドンバスで「恐ろしいハイポイント」を宣言しますか? ドイツはガス危機を認めています。 オーストラリアは中国との困難な問題に取り組んでいます 世界のニュース6月23日:ウクライナはドンバスで「恐ろしいハイポイント」を宣言しますか? ドイツはガス危機を認めています。 オーストラリアは中国との困難な問題に取り組んでいます

ロシアとウクライナの紛争の進展、ドイツのガス危機の認識、ウクライナのEUへの加盟、ロシアとアメリカの関係、オーストラリアと中国、状況…

例外的な世界経済(6月17〜23日):ウクライナ、米国、およびその同盟国での紛争による供給ショック 卓越した世界経済(6月17〜23日):ウクライナ、米国、同盟国の供給ショックがロシアの石油と「動き出し」、インフレ「幽霊」がブルガリアを脅かす

ロシアとウクライナの紛争は世界のGDP成長に大きな影響を及ぼしており、各国はガソリン価格を下げ、インフレに対処する方法を模索しています…

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。