日本は子供を静かに育てるのに役立つ多くの技術を導入しています

日本の産業省は、子育ての負担を軽減するための最先端技術の使用など、「ベビーテック」製品とサービスの促進を開始しました。

日本の出生率は非常に低いです。

今年1月、神奈川県小田原市は、「ベビーテック」の商品やサービスを試してみて、効果を確かめるデモプロジェクトを開始しました。

二世帯世帯の増加に伴い、産業省はこれが「babytech」の使用を通じて仕事と親のバランスを促進することを望んでいます。

このプロジェクトの一環として、小田原市の住民は、人工知能(AI)を使用して赤ちゃんを眠らせ、夜間の落ち着きのなさに対する両親の苦労を減らすのに役立つデバイスを貸与されています。

AIデバイスは、赤ちゃんが泣いたときの音を分析することで、赤ちゃんが泣く理由を特定し、赤ちゃんが眠りにつくのに役立つ音を作成します。

人々はまた、オンラインカウンセリングサービスを試して、妊娠中および授乳中の女性に薬の適切な使用についてアドバイスを求めることができます。

省と小田原市政府はまた、親と保護者が情報を共有するためのソーシャルメディアプラットフォームを設置しました。

このソーシャルネットワークは、親が孤立した孤独を感じないようにし、使用済みの育児用品を必要な人と交換することを目的としています。

今年の2月上旬には、9つの「babytech」の商品・サービスをご利用いただけるイベントが開催されました。

プロジェクトが2月25日に終了した後、省はこれらの製品やサービスを使用した人々にインタビューし、彼らのニーズを分析します。

得られた結果を踏まえ、同省は「ベビーテック」をより強力に推進する計画を提案する。

階段の橋を避けたいトロリーユーザーに適した駅やその他の場所を通るルートを提案するアプリなど、いくつかの「babytech」製品とサービスが実際に使用されています。 リモートベビーモニターや離乳食配達サービスなどの製品もあります。

ダンドゥオン(テオジャパンタイムズ)

若い韓国人は同棲しているが結婚しない

若い韓国人は同棲しているが結婚しない

キムチの多くの若者は、住居費、生活費、出席費を削減するために、一緒に暮らすことを選択しています。 しかし、彼らはまた、自由とより少ない制約を望んでいるので、結婚したり子供を産んだりするという目標を設定していません。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です