日本は南沙の近くに軍艦を送りました

日本政府筋は、中国がベトナムの南沙諸島に過去10か月間に少なくとも2回違法に建造した人工島の近くを、日本の軍艦が航海したことを明らかにした。

日本の新聞 読売 今週、海上自衛隊(MSDF)の船舶が、「中国を抑止する」ために、南沙諸島の人工島の近くで「航行の自由」パトロールを実施していることが報告されました。

読売 日本政府の情報筋を引用すると、MSDFの活動は、駆逐艦が南沙諸島の人工島から12〜24海里以内を航行した2021年3月に始まりました。 5か月後、別のMSDF駆逐艦が同様の航海を行いました。

情報筋によると、送られた船の一つは、過去1年間、米国、オーストラリア、フランスと共同演習を行ってきた日向伊勢型ヘリ空母だった。

日本の国防省はこの情報についてコメントしなかった。

2020年6月の東海での米国との合同演習中の日本の軍艦JS鹿島とJS島雪。画像: 米海軍

しかし、日本の大東文化大学の国際関係学教授であるギャレン・ムロイは、 読売 この作戦を「日本式の航行の自由」と呼び、米国の動きを、この地域における中国の不当な主権主張に異議を唱えるために通常行っている航行の自由と区別している。 ワシントンは、南沙諸島での中国の違法な救助機能から12海里以内に船を繰り返し送ってきたが、日本の船はそれほど接近していない。

中国は、南シナ海の大部分に対して不当な主権を主張している。 この国は、ベトナムと国際ベトナムの法律と反対にもかかわらず、ベトナムのホアンサ諸島とチュオンサ諸島の路線に軍の前哨基地を排水、再建、建設し、不法に駐留させています。

外務省のスポークスマンLeThiThu Hangは、国際法に従って、ベトナムにはホアンサ諸島とチュオンサ諸島の主権を主張するのに十分な歴史的証拠と法的根拠があることを繰り返し確認しました。

ノック・アン (によると SCMP)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。