日本は労働力が不足しており、70歳以上の人材も採用している。

スタッフの危機

日本ではノジマが2021年から定年制を撤廃し、80歳の3人を含む70歳以上の従業員約30人を採用している。

厚生労働省によると、70歳以上向けの採用制度を設けている企業の割合は、過去10年間で倍増し、39%となった。 退職年齢が65歳以上の企業の割合は同期間で25%増加した。

日本では、2012年から2022年にかけて、70歳以上の労働者を受け入れる企業の割合が徐々に増加している(写真:日本経済新聞)。

2013年の労働法改正後、企業は65歳までの労働者を雇用することが義務付けられた。 企業は当初、高齢者を雇用するとコストが増加することを懸念して反対した。 しかし、その後も深刻な人手不足を受け入れなければならなかった。

日本の総務省によると、65歳以上の会社員は2022年までに計639万人に達し、その割合は過去最高の10.6%となる。

高齢者の割合が高い部門でも深刻な労働力不足に直面していることに留意すべきである。 そのうち、建設および介護部門の従業員の 15% は高齢者 (65 歳以上) です。 運輸業は10%。 タクシーとバスの運転手の占有率は30%。

日本の北部、秋田県のタクシー会社である浮田産業交通は、同社が約25人の運転手を採用したところ、そのほとんどが65歳以上であると述べた。 秋田県は47都道府県の中で65歳以上の人口の割合が最も高い県として知られています。

タクシー会社の浮田忠勝社長は「2カ月で応募者は1人だけだった。 ほとんどの若者は州を離れており、高齢の労働者を雇用しなければ生き残ることはできません。

日本は労働力が不足しており、70歳以上の人材を採用している - 2

2021年と2022年の日本の高年齢層の平均月給(写真:日本経済新聞)。

日本の高齢スタッフの大多数は、多くの重大な影響をもたらしています。 実際、高齢労働者の増加に伴い、労働災害も増加しています。 2022年の60歳以上の従業員による災害総件数は約3万8000件と、5年前と比べて26%増加すると予想されている。

さらに、仕事の需要が増加しているにもかかわらず、高齢者の賃金は依然として停滞しています。 労働省によると、2022年の10年間に65歳から69歳の労働者の平均給与は6%増加したが、70歳以上の労働者の平均給与は9%減少した。 良い仕事が常に 70 歳以上の人に与えられているわけではありません。 彼らは若い労働者が避ける仕事を引き受けなければなりません。

若者や外国人労働者の採用が困難

人材危機に直面する中、専門家らは円安で企業が外国人労働者の確保が難しくなったことが原因だと指摘している。

また、子育て中の女性の活躍率の停滞も採用に大きく影響します。 雇用主は15歳から64歳までの労働者数の減少を補うために高齢者に頼らなければならない。

職業の中でも運輸・物流は人材不足が深刻な分野です。 トラック運送会社は、低賃金と長時間労働が原因で、若い労働者を引き付けることができない。

2021年のトラック運転手の平均年間労働時間は2,544時間で、全職種の平均を432時間上回った。 一方、年収は463万円と業界平均を約5%下回った。

日本は労働力が不足しており、70歳以上の人を採用している - 3

日本では人材不足が深刻なため、高齢労働者が増えている(写真:日本経済新聞)。

野村総合研究所シニアストラテジストの藤野直明氏は、外国人労働者の採用も選択肢の一つだと述べた。 しかし、彼は彼らを安価な労働力として搾取すべきではないと警告した。

同氏は「業務のデジタル化や標準化に加え、若い労働者や外国人スタッフを呼び込むためにドライバーの給与を増やすことも必要だ」と述べた。

この問題に対処するため、日本は外国人人材を呼び込むために熟練労働者向けのビザ枠を拡大することを検討している。 日本レンタカー協会連合会や日本バス協会も外国人の採用に取り組んでいる。

日本バス協会の担当者は「バス会社が直面している深刻な課題は、運転手不足だ。バスの運行台数は減少しており、これ以上待つことはできない」と述べた。

野村総合研究所の推計によると、問題を解決するために何もしなければ、業界は2030年までに2015年のレベルと比較して約35%少ない貨物しか輸送できないことになる。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です