日本は全人口のためにCOVID-19ワクチンブースターショットを計画しています

2021年12月1日、日本の東京で医療従事者がCOVID-19ワクチンを接種しました。写真:AFP / VNA

岸田首相はインタビューの中で、オミクロンの変種についてはまだ不明な点が多い中、人々が安心できるように、政府がエピデミック予防策の完全な実施を確保することを強調した。 岸田首相は声明のなかで、3100万人の医療従事者と高齢者に加えて、政府はできるだけ多くの人々に3回目の注射を行うことを検討すると強調した。

日本の指導者はまた、現在の国境管理措置を維持しつつ、最悪のシナリオに備えることの重要性を強調した。 彼は、さらなる調整を行う前に、休暇中および年末年始の流行状況を徹底的に評価すると述べた。

日本はまだオミクロン変異型感染症の増加を記録していませんが、政府は依然として警戒を怠っておらず、首都東京などの特定の地域の空港での外国人訪問者の立ち入りを禁止し、無料のPCR検査と抗体検査を実施しています。感染症の新しい亜種の症例がコミュニティで記録されている場合。

日本は現在、人々にブースターを与えるためにファイザーとモデルナからのワクチンを承認しています。 現在までに、日本人人口の77%以上がCOVID-19ワクチンの2回の完全投与を受けています。 政府はまた、医療従事者と高齢者の2回目と3回目の注射の間の待ち時間を8か月から6か月に短縮しています。

同日、大阪市西部の大阪市は、市内のナーシングホームで5人を含むオミクロンの亜種に関連した発生を確認した。 これらは日本でのオミクロン変異体による感染の最初の症例ではありませんが、共同通信はそれがこの変異体に関連した最初の発生であると言いました。

統計サイトworldometers.infoによると、12月28日の時点で、日本はCOVID-19による170万件以上の感染と18,387人の死亡を記録しています。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。