日本は体外受精の費用の70%を出産を奨励するために支払います

4月1日から、日本の公的医療保険制度が不妊治療の費用の70%を負担します。

以前は、体外受精(IVF)サイクルの総費用は50万円(約1億ドン)を超え、日本の世帯の平均月収を上回っていました。

北九州市の聖母クリニックのディレクターである田中敦博士は、彼のクリニックがより多くの患者を診察することを望んでいます。 「患者ブームが起こると思う」と彼は言い、全国の体外受精の症例数は2倍になる可能性があると推定している。

しかし、田中らの専門家は、新しい政策は日本の人口減少を逆転させるのに十分ではないと言います。 なぜなら、患者は遺伝子検査やドナーの卵子/精子の使用など、他の重要な費用に対処しなければならないからです。

「今後数年間で生殖年齢の女性の数が減少するにつれて、政府はもっと多くのことをしなければならない」と田中氏は述べた。

日本は、人口問題に対応する生殖補助医療に保険を提供するパイオニアです。 写真: ブルームバーグ

現在、日本は生殖補助医療の費用の大部分を支払う世界で最初の国です。 この国はすでに世界で最も多くの女性がIVFを使用しており、2019年の米国の2%に対して、体外受精の赤ちゃんの7%が生まれています。しかし、日本の出生率は依然として1.3前後です。経済協力開発機構(OECD)が安定した人口水準を維持するために必要であると考える2.1の比率よりもはるかに低い。

過去10年間、日本は幼稚園への財政的助成金と子供連れの家族への毎月の手当を提供してきました。 日本の育児休業政策は世界で最も寛大であると考えられており、父親に4週間の休暇を与えていますが、それを利用している人はほとんどいません。 政府はまた、出生力治療を受けている低所得のカップルに財政的支援を提供していますが、最新の変更は、IVFを望んでいる一般の人々へのより広いアクセスを提供することを目的としています。 。

「この政策は、体外受精の治療を必要としているがまだお金を持っていない30代の人々に機会を提供するので良いことです」と東京に本拠を置くグローバルヘルス政策研究所の今村裕子スタッフは語った。 やのゆうきさんとご主人は数年前から体外受精を試みていましたが、体外受精は高すぎるので体外受精をしていません。 保険があっても、治療1サイクルあたり15万円かかります。 「子供がいるので、生きていくにはほとんど足りません」と31歳の女性は説明します。

彼女は現在、排卵を刺激するのに役立つ薬を服用しています。 子宮外妊娠のために卵管を取り除く必要があったため、特に長距離トラックの運転手として、妊娠が容易な時期に、彼女は常に赤ちゃんを産む旅にストレスを感じていました。

新保険の支払いのために、政府は予算に174億円を割り当てました。 しかし、多くの女性は、重要なのはコストだけではないと言います。 住友生命保険の最近の調査によると、この国の女性の大多数は、出生力の治療と仕事を同時に行うことは不可能であると考えています。

高井めぐみさん(33)は、出生力治療にもっと集中するために、アルバイトのためにフルタイムのオフィスの仕事をすぐに辞めることを計画している。 彼女のような多くの女性は、仕事をしている間、医者に行く時間がありませんでした。 「社会がこれをもっと支援してくれたらいいのに」と彼女は言った。

バオニエン (によると ブルームバーグ)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。