日本はロスタイムでイランに負けた

日本チームはイランチームに負けた

2023年アジアカップの準々決勝で、日本チームはイランチームと対戦した。この試合は、アジアの両チームが強い場合、早期決勝戦とみなされている。 特に日本チームは対戦相手よりも評価が高く、実際、フィールド上の出来事は想定通りに展開した。 日本チームは28分に守田英正選手のゴールで先制ゴールを決めた。

日本チームはイランチームに負けた。 写真:ゲッティ。

しかし、後半に入ると形勢は逆転し、イランチームが同点ゴールを狙う決意を明確に示し、結果は55分にゴールキーパー鈴木の下手なロングキックに合わせてイラン軍が急速な反撃を開始した。 サダル・アズムンがボールを受け取ると、スムーズにスロットにパスを送り、モハマド・モヘビがタップしてゴールを決めた。 試合はそこで止まらず、試合がアディショナルタイムに入ると、板倉の動きが鈍くなり、ペナルティエリア内でホセイン・カナニにファウルを犯してしまう。 2023年アジアカップ決勝の準々決勝で、アリレザ・ジャハンバフシュがペナルティスポットからゴールを成功させ、イランが90+6分間で2-1の勝利を決めた。

2023年アジアカップ決勝準決勝進出4チーム決定

日本チームは後半終了間際にイランチームに敗れ、ついに敗北を認めた。 この勝利によりイランは2023年アジアカップ準々決勝に進出し、カタールとウズベキスタンに勝ったチームと対戦することになる。 両チームは最後の準々決勝で120分を過ぎた時点で1-1の引き分けとなり、どちらもPK戦を決断しなければならなかった。

残り11メートルからのPK戦でカタールが3-2で勝利し、準決勝への最後の切符を手にした。 したがって、2023年のアジアカップ決勝では、ヨルダン、韓国、カタール、イランの4チームが準決勝に進出することが決まった。 準決勝ではヨルダンは韓国と対戦(2月6日)、イランはカタールと対戦(2月7日)する。

キリアン・ムバッペ、レアル・マドリードに移籍の可能性

フランスメディアは、ストライカーのキリアン・ムバッペがPSGとの契約が満了する今夏にレアル・マドリーへ加入することに合意したと報じた。 ムバッペが来週公式発表を行うことは分かっているが、まだ確かなことは何もなく、変更することはできない。 これに先立ち、2022年に多くのヨーロッパの新聞もストライカーのキリアン・ムバッペがレアル・マドリードへの加入に同意したというニュースを掲載したが、土壇場でムバッペがPSGとの契約更新を決めて衝撃を与えた。

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です