日本はロシアの和平交渉の中止に抗議する

日本の首相は、モスクワが第二次世界大戦の平和条約をめぐる交渉から撤退し、東京との経済プロジェクトを中断することに「強く反対」している。

グエン・スアン・フック首相は、「ウクライナでのロシアの軍事作戦と、モスクワが問題を日露関係に向け直そうとした後の最新の進展は、非常に馬鹿げており、まったく容認できない」と述べた。 。

岸田文雄は、日本が第二次世界大戦平和条約の交渉から撤退するというロシアの決定に「強く反対」し、「一方的に現状を強制的に変える」行動を非難すると付け加えた。

日本の岸田文雄首相は、3月19日にインドのニューデリーを訪問した際に講演します。 写真: AFP

日本の首相の声明は、ロシア外務省が、東京が「善意の欠如を公然と示し、わが国の利益を害しようとしている」と非難し、日本との平和条約交渉を継続する意図はないと発表した後に出された。 。

ロシアはまた、千島列島/北方領土での日本との経済協力プロジェクトに関する交渉を中断し、日本人のビザなしの旅行を終了した。 ロシア外務省は、「ウクライナ情勢に関して日本がロシアに課した一方的な制限」のために決定が下されたことを確認した。

元日本の安倍晋三首相は、ロシアとの和平交渉を進めるために何年も働いたが、ロシアが千島列島と呼び、日本が北の領土と呼ぶ紛争地域について合意に達することができなかった。

「平和条約に署名するために北方領土問題を解決するという日本の立場は変わっていない」と岸田は言ったが、ウクライナでのロシアの軍事作戦はこの問題を解決することを不可能にしたと強調した。

また、資源不足国にとって必要とされる主要な共同エネルギープロジェクトから日本はまだ撤退していないものの、現状ではロシアとの新たな経済協力を想像することは不可能であると述べた。

ロシアと日本は、千島列島/北方領土問題のため、第二次世界大戦を終結させるための平和条約にまだ署名していません。 プーチン大統領は昨年、モスクワと東京は友好関係を築きたいと述べ、双方が平和条約に署名していなかったことは混乱を招いたと述べた。

ロシアが2月24日にウクライナで軍事作戦を開始した後、岸田首相は、日本でのロシア債券の発行の禁止、一部のロシア人の銀行口座の凍結、日本への旅行の制限など、モスクワに対する一連の制裁措置を発表しました。 ロシアのエリートや銀行も標的にされています。

日本は先週、ロシアとの最恵国待遇を廃止する計画を発表した。 最恵国待遇は、世界貿易機関(WTO)の国際貿易の基本原則であり、加盟国は、先進国、発展途上国、発展途上国に関係なく、WTOの他のすべての加盟国に平等な待遇を与えなければなりません。 最恵国待遇の廃止は、日本がロシア製品の広い範囲に関税を課す道を開くだろう。

フエンル (によると AFP)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。