日本はベトナム航空の飛行機を撃つと脅した容疑者を逮捕します

千葉県警は先月、ベトナム航空の飛行機を撃墜すると脅迫した後、事業を妨害した疑いで17歳の少年を逮捕した。

報告によると、千葉警察は、2月15日に逮捕された10代の若者が、山形県の自宅から電話をかけ、1月5日にベトナム航空の飛行機を撃墜すると脅迫したことを認めたと述べた。 今日の日本

警察は、10代の電話番号を追跡した後、容疑者を特定しました。 捜査官はティーンエイジャーの身元を明らかにしていませんが、容疑者は知的障害を持っていると信じています。

ベトナム航空の代表は、2月15日に容疑者が逮捕されたことを日本の警察から知らされたことを確認した。 日本の警察は容疑者の動機を明らかにせず、ベトナム当局とベトナム航空に調査、明確化、通知を続けることを確認した。

ベトナム航空の飛行機は、1月5日に福岡空港に緊急着陸した後、技術チェックを受けています。 写真: 提供された乗客

1月5日、東京・成田空港からハノイ行きのVN5311便は、客室乗務員12人、パイロット3人、乗客47人で午前10時30分(現地時間)に離陸した。 午前11時10分ごろ、ベトナム航空の日本支社は、日本語を話すアメリカ人であると主張する人物から、「成田に戻るのに最適なフライトVN5311です。さもないと、途中で撃墜されます。東京湾」。

電話に出た従業員が「今言ったことを繰り返してくれませんか」ともう一度尋ねると、男性は「東京湾上空を飛行中にVN5311を撮影する準備をしているので、引き返すのが一番だ」と答えた。

ベトナム航空公社は、脅迫電話の通知を受けた後、緊急委員会とテロ防止運営委員会の会合を招集し、同時にベトナムと日本の当局に報告した。 その後、ベトナム航空は日本の航空当局に飛行機を迂回させて福岡市の空港に着陸する許可を求めた。

午後1時2分ごろ、VN5311便は福岡空港に無事着陸した。 福岡空港当局と警察は乗務員と乗客の確認と質問のために飛行機に乗り込みましたが、セキュリティ対策を講じることができず、飛行機を屋外に駐車することができました。情報評価と飛行の安全のために福岡空港を2時間。 。

午後2時半ごろ、安全で異常な兆候はないと判断した後、福岡空港の当局と警察は、VN5311便がハノイへの出発のために許可されたと発表した。

VN5311は、ベトナム航空が通常のルートを復旧した後の、日本とベトナム間の最初の商用飛行です。 事件後、ベトナムは日本の外務省にメモを送り、乗客の安全を確保するために飛行機のセキュリティチェックを要求し、緊急に事件を調査し、犯人を迅速に特定しました。

フエンルローンドアン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。