日本はブースターにModernaのワクチンを使用することを推奨しています

2021年6月14日、東京の製薬会社ModernaからのCOVID-19ワクチン。図:AFP / VNA

厚生労働省の専門家チームが12月15日、その国の人々にモデルナのワクチンでブースターショットを与えることに合意した後、承認の決定は「先取り」でした。 したがって、ModernaのCOVID-19ワクチンは、18歳以上の3回目の注射に使用され、1回目と2回目の注射の50%に相当します。

MHLWの関係者によると、試験結果によると、モデルナの低用量ワクチンの3回目の接種から1か月後、中和抗体は月曜日の注射後1か月よりも70%高かったという。

現在、日本政府は、ModernaワクチンとPfizerワクチンの両方を使用してブースターショットを加速しています。 ブースター効果は2回目の注射から6か月後に投与されます。厚生労働省は、医療施設での3回目の注射のためにファイザーのワクチンを地方自治体に配布しました。 しかし、ファイザーからの供給の見通しはまだ不透明であるため、日本の当局は、3回目の注射の最初の2回の注射で使用されたものとは異なるワクチンの使用を承認しました。

厚生労働省は、2022年6月までに、日本は少なくとも9750万回分のモデルナワクチンを接種すると発表した。 MHLWは、2022年3月から始まる職場の予防接種プログラム、および医療施設や大規模な予防接種サイトで、Modernaのワクチンを使用する予定です。

別の関連する開発では、厚生労働省の科学評議会が12月24日に会合し、アメリカの製薬会社MerckによるCOVID-19の経口薬の使用の承認について話し合う予定です。 以前、12月3日、メルクは、症状が軽度から中等度で入院を必要としないCOVID-19の成人を対象とした臨床試験の結果を発表した後、日本での薬の販売承認を申請しました。 試験結果は、症状の発症から5日以内に服用した場合、この薬が入院または死亡のリスクを30%減少させることを示しています。 ただし、この薬は妊娠中の女性には使用しないでください。

厚生労働省は、160万人の患者を治療するのに十分なメルク薬を購入することに同意しました。最初の20万回分は今月後半に日本に出荷されます。

12月15日、日本は175件の新たな感染とCOVID-19の発生による1人の死亡を記録し、そのうち首都東京では29件の新たな感染があり、1週間前から8件増加​​し、新たな死亡例はありませんでした。

しかし、厚生労働省によれば、日本はまた、国内に侵入した人々の中で、SARS-CoV-2ウイルスのオミクロン変異体でさらに15の陽性症例を検出しました。 これらの人々は20歳から70歳で、ドイツ、英国、または米国に滞在した後、12月7日から12日に日本に入国しました。 すべての症例は、入国直後または政府指定の隔離施設での強制隔離中に検出されました。 このように、これまでに日本は合計32例のオミクロン変異型感染症を検出しました。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。