日本は、液化ガスをヨーロッパに「引き渡す」という米国とEUの申し出を受け入れる

米国テキサス州の港に停泊している液化ガスタンカーMVExcelsior。 写真:ブルームバーグ/ VNA

この決定は、東欧の緊張が解消されるまで、欧州へのLNG供給が不足する可能性があることを背景に行われました。

具体的には、東京での米国とEUの大使との会談後、日本の産業大臣萩生田浩一は、地域の供給困難のために、米国とEUからのLNGのヨーロッパへの持ち込みの申し出を受け入れたと述べた。

LNG船の転用は、日本が内需が満たされ、国内の発電が安定していると確信した時点で発生します。 日本は世界最大のLNG輸入国です。

日本の産業省の関係者によると、事前に予定されていた日本企業からのいくつかのLNG船が2月にヨーロッパに到着する予定です。 その後、3月には日本政府の要請でヨーロッパに向けられた船を含む他のLNG船が大陸に到着する予定です。

日本企業からヨーロッパに向かうLNG船の数は特定しなかったが、当局は3月にヨーロッパに向かう船の数が2月よりも多くなることを確認した。 日本の産業省の他の情報源は、3月にヨーロッパに出荷されるLNGの総量が数十万トンに達する可能性があると推定しています。

日本政府はまた、特定の仕向地条項を拘束する長期契約を結んでいない同国のLNG供給業者に、できるだけ多くのLNG船をヨーロッパに転用するよう要請した。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。